俳優・小栗旬が文豪・太宰治を演じる映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(蜷川実花監督)が9月13日に公開を迎える。このたび、人気漫画『文豪ストレイドッグス』の作画を担当する春河35氏が小栗演じる太宰を美しく描き下ろしたイラストが解禁された。

【動画】小栗旬&藤原竜也がゼロ距離に…映画『人間失格』予告編

 映画をイメージして描かれたイラストには、バーのカウンターで1人煙草をふかす太宰の姿。演じた小栗同様、イラストの太宰も左手に煙草を持っており、細かいところまで春河氏の繊細なタッチで表現されている。煙草を見つめる横顔や、黒のスーツベストがよく似合う細身の身体など、どこを切り取っても美しすぎる太宰(小栗)に、思わずため息が出てしまいそう。

 劇中にも登場する、菖蒲(=太宰の正妻・美知子/宮沢りえ)や、梅(=太宰の弟子であり愛人の静子/沢尻エリカ)、椿(=太宰最後の女・富栄/二階堂ふみ)と、蜷川監督が3人の女性をそれぞれイメージした花たちも描かれている。作品を鑑賞した春河氏は、「花の彩りに魅せられ 見惚れる作品でした」と絶賛のコメントを寄せた。

 また、『文豪ストレイドッグス』の原作を担当する朝霧カフカ氏も映画を鑑賞。本作の太宰(小栗)について「すごい。ただすごい。本当に太宰がいる」と、こちらも絶賛。続けて、「(銀座)ルパンで太宰が座っていて、グラスを片手に語っている。目にみえる太宰の表情、目にみえない太宰の精神。すべてがここにある。これが太宰だ。永遠に目が離せない」と感動を語った。

 『走れメロス』『津軽』など数々の有名作品を世に出した太宰が死の直前に発表し、遺作となった『人間失格』は累計1200万部以上を売り上げ、今もなお歴代ベストセラーランキングのトップを争う人気書籍。今回の映画化では、写真家としても著名な蜷川実花氏がメガホンを取り、原作小説の映画化ではなく、『人間失格』の誕生秘話を太宰と彼を愛した3人の女性たちの目線で、事実をもとにしたフィクションとして描く。