テレビ東京・金曜深夜の「ドラマ25」枠10月期のタイトルは『ひとりキャンプで食って寝る』(10月18日スタート、毎週金曜 深0:52~1:23)に決定。三浦貴大&夏帆が隔週で主演を務める。それぞれ“ひとりキャンプ”を楽しむ物語の中に、自然に分け入り自ら獲った食材を使った料理から、缶詰と身近な物を使ったアレンジ料理まで続々登場するグルメドラマの醍醐味もある。

【写真】夏帆、“健康美脚”を大胆披露

 約25年ぶりにブームが到来していると言われるキャンプ。その中でも特に注目されているのがひとりキャンプ、通称「ソロキャン」。そんなひとりならではのキャンプと、キャンプの醍醐味でもある食事をテーマに、男女それぞれが気の赴くまま独自のキャンプを満喫する物語。

 三浦は、奇数話(1、3、5、7、9、11話)の主人公、缶詰と簡単な食材でアレンジ調理を楽しむ男・大木健人。夏帆は、偶数話(2、4、6、8、10、12話)の主人公、海・山・川に分け入り、さまざまな方法で自ら食材を“獲って食べる”ことに心を奪われる女・七子を演じる。

 両者は、キャンプが舞台という以外、全く別物なドラマを展開。今までにない隔週変化型ドラマに挑む。なお、三浦とタッグを組むのは横浜聡子監督。夏帆とは冨永昌敬監督が担当。主役、監督が隔週で交代する一風変わったドラマの形を見せていく。