シンガー・ソングライターで俳優の星野源が30日、都内で行われた主演映画『引っ越し大名!』初日舞台あいさつに登壇。この日、自身のインスタグラム(iamgenhoshino)を開設したことにちなみ「本日インスタグラムを始めました」と笑顔で呼びかけた。

【動画】作品への意気込みを語った星野源

 高畑充希が「源さんのインスタグラムに載りたいです」と熱望し、及川光博も映画のタイトルにからめて「源ちゃんはインスタ大名」とにっこり。及川から「僕はやってないからわからないんですけど、楽しいんですかね?」と聞かれると、星野は「始めたばかりでなんともなんですけど、楽しいです。自分で撮った写真とかを中心にいろいろアップしようと思っています」と声を弾ませ、イベント後に行われた写真撮影ではカメラを持って登壇し、報道陣に笑顔でカメラを向けていた。

 物語は、生涯に7回もの国替えを命じられ“引っ越し大名”のあだ名がつけられた松平直矩(及川)がモデル。星野演じる姫路藩書庫番の片桐春之介は、書庫にこもりきりの引きこもり侍。あるとき、直矩は豊後(大分県)の日田に国替えを命じられる。“本ばかり読んでいるから引っ越しの知識があるだろう”と引っ越し奉行に任じられた春之介。幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑)の助けを借りながら、1万人の引っ越しを担う。

 舞台あいさつにはそのほか、高橋一生、濱田岳、犬童一心監督も登壇した。