人気グループ・Sexy Zoneの中島健人と菊池風磨が表紙を飾った28日発売の女性グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス刊)が、発売初日に緊急重版を決定したことが明らかになった。

■Sexy Zoneのテレビ出演歴

 ステージで対になってパートを担当する『シンメ』(※シンメトリーの略)として人気を誇る、通称“ふまけん”コンビ。同時期にジャニーズ事務所に入所、グループデビューを経て、少年から青年へと11年間にわたり切磋琢磨してきた唯一無二の関係を持つ2人が“バディ”特集である今号の表紙と12ページの巻頭グラビアを展開している。

 特集発表後、ネット書店では発売前に販売予定数に達し品切れ状態、書店、コンビニエンスストアでも発売翌日(29日)には、品切れ、品薄店が多数発生した。現在、書店からは追加注文が殺到するとともに、「購入できない」という声が多く寄せられている状況となっており、緊急重版を決定したという。

 『anan』は49年の歴史の中で、2017年までは1回しか重版をしていなかった。しかし近年、話題の人物が話題のタイミングで登場した際の勢いが加速度的に増しており、18年~19年にかけて、「週刊誌重版」という“掟破り”が続いている。

 今回の中島健人、菊池風磨「相性(バディ)の化学反応」は、櫻井翔「オトコノカラダ」(1693 号/2010年)、King & Prince「最強の出会い」(2103号/2018 年)、SixTONES「色気の法則」(2145号/2019 年)、 Snow Man「NEXTジェネレーション 2019」(2157 号/2019年)に続き、5度目になる。

 今回の重版分が店頭に並ぶのは、9月9日頃を予定している。