人気グループ・King & Princeが、30日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)で、28日に発売された新曲「koi-wazurai」を披露する。

【ランキング】King & PrinceのCD売上ランキング

 メンバーの平野紫耀と橋本環奈が主演する映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の主題歌である今作は、平野が「映画のストーリーに沿った歌詞で、恋の初々しさやすれちがいが描かれている曲です」と歌詞をアピール。

 一方、「メロディーが好き」と口をそろえた岸優太と神宮寺勇太は、「メロディーがものすごく中毒性があるので、一度聴いたら頭から離れません!」(岸)、「クセになるメロディーが僕は好きです!」(神宮寺)と、“中毒性”を強調した。

 永瀬廉と高橋海人(※)は振り付けをアピール。「サビの振り付けのキャッチーさも見どころのひとつ!」(永瀬)、「テレビの前のみなさんも真似していただけるとうれしいです」(高橋)とコメント。今回の楽曲には、「運命」を表した手話を使った振り付けもあり、平野が「耳だけでなく目からも思いを伝えたいと思って取り入れました。ふたつ同時に伝わればいいなと思っています」と話すと、永瀬も「お客さんとも踊りやすいかなと思いました」と、ファンと一体になって楽しみたいという気持ちを明かした。

 また、楽曲のタイトルにちなみ、「自身が恋煩いに悩んだことは?」という問いには、「どう話したらいいか分からず、好きな人の前でずっとモジモジしていたのを覚えています」(永瀬)、「好きな子に卒業式に告白するかずっと悩んで、結局告白する勇気がなく終わりました」(岸)、「昔、保健室の先生に恋をして毎日保健室に通っていたことがあります」(高橋)、とそれぞれに甘酸っぱい青春のエピソードを披露した。

 この日の放送では、ロックスター・矢沢永吉が初出演し、名曲「黒く塗りつぶせ」と最新アルバムの収録の「ヨコハマUo・Uo・Uo」の2曲を六本木の夜景をバックに披露。スタジオではKing & Princeや米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした「パプリカ」でおなじみのFoorinから矢沢への質問も予定している。

※高橋海人の「高」ははしごだか