お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成が29日、都内で行われた「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)のファンイベントにゲストとして参加。反社会的勢カの会合に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題による謹慎処分から復帰後、初の芸能イベントに登場した。イベント終了後には囲み取材も実施。

【写真】傷メイクも再現してターミネーターのT-800姿で現れた福島善成

 19日に謹慎処分を解除された福島は20日にルミネtheよしもとで劇場復帰。この日は復帰後初の芸能イベント参加となった。福島はターミネーターのT-800姿で登場(相方の熊谷茶はサラ・コナー)したが、あまりのそっくり具合に観客は誰も気づかず。自己紹介しながら「いろんな意味で『I'll be back』です」と『ターミネーター2』でアーノルド・シュワルツネッガーが言った名せりふを言うと、ようやく拍手が起きていた。

 報道陣から「おかえりなさい」と声をかけられると福島は「ただいまです。よかったです」と一言。そして「お騒がせして、すみませんでした。ターミネーターのように『I'll be back』でやらせてください」と頭を下げた。

 熊谷とは相変わらず、最悪のコンビネーション。「ひさびさですけど、息が合わないですね」とぶっちゃけ。相方の謹慎中は1人で仕事をしていた熊谷は「僕は1人じゃなにもできない。福島くんがいないと」と本音もぽろり。しかし、福島は「1人でもできてたよ」と優しく励ましたかと思えば「解散しよ」と提案。謹慎前から“定番”となっている解散ネタをして復帰早々に繰り出して笑わせた。報道陣からコンビ仲を心配されたが、2人そろって「大丈夫です」と笑顔で応じていた。

 また、謹慎直前に福島は映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』のイベントに参加していた。福島は「『ダークフェニックス』から『ターミネーター』で『I’ll be back』って」と運命のいたずらに驚きの表情だった。

 同映画は、ジェームズ・キャメロン製作、『デッドプール』のティム・ミラー監督で大ヒット作『ターミネーター2』(1991年)のその後の世界を描く。