ラストアイドルの7枚目シングル「青春トレイン」(9月11日発売)のミュージックビデオ(MV)が29日、公開された。

【動画】ラストアイドル「青春トレイン」MV

 砂利採石場を貸し切り、バギーやドローンなどのカメラを駆使し、さまざまなアングルのカットが散りばめられた本作。“バブリーダンス”でおなじみの大阪府立登美丘高校ダンス部コーチのakane氏によるラストアイドル史上最高難度のダンスパフォーマンスが本編のほとんどを構成しており、大サビのクライマックスへ向け、メンバーが泥まみれになりながらパフォーマンスするシーンが印象的な内容となっている。

 本作の監督は、欅坂46「サイレントマジョリティー」をはじめ、乃木坂46「シンクロニシティ」や「Sing Out!」のMVを手掛けてきた映像ディレクターの池田一真氏。

 池田氏は撮影にあたり、「今回の作品に向けてコンセプトやその中でのメンバーの在り方をしっかり作り込んで撮影に向かったのですが、朝、彼女たちに会ってその内容をいっさい伝えるのをやめようと思いました。3ヶ月間akane先生と共に作り上げ、完成させた作品を素直にそのまま撮りたいと思ったからです」とメンバーに詳細を伝えずに撮影に臨んだと明かし、そのうえで撮影した作品について「撮影が始まって見せてくれた彼女たちのパフォーマンスは剥き出しの感情そのもので、その全てを一瞬たりとも撮りこぼすまいと必死に喰らい付いて完成したMVです。生々しい現場の空気を体感していただければ嬉しいです」と、見どころを語った。