ディズニー映画『アラジン』が、25日より先行デジタル配信開始、10月9日にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売が決定。これを記念し、アラジン役の日本版ボイスキャストを務めた俳優の中村倫也と、ジャスミン役の日本版ボイスキャストを務めた女優の木下晴香のインタビュー映像が解禁された。演じるキャラクターとの共通点や、ランプの魔人・ジーニーへの願いなどを明かした。

【動画】中村倫也&木下晴香のインタビュー映像

 自身が演じたアラジンとの共通点について中村は、「困ってる人をほっとけないところ」だという。「お腹すいている子供がいたら、(パンを)あげたりとか、ジャスミンと見たことない景色の話になったら『じゃあ行こうよ』ってなったりとか。ちょっと困ってたり、踏み出せない人がいると、ほっとけなくて世話を焼きたくなるところは似ているかもしれないですね」と語る。

 一方、木下は、自立した心と強い好奇心を持つ王女ジャスミンとの共通点について、「好奇心が強いところ」が似ているという。その反面、ジャスミンとは違ってすぐに行動に移せないタイプだと話し、「じっくり悩んでからじゃないと動けないので、そういう部分はジャスミンってかっこいいなって思いますし、そうなれたらいいなって思いますね」と語った。

 今後挑戦したいことは「ダンスレッスン」だが、「それもしっかり下準備しないと新しいことに挑戦できない」のが悩みだとか。そんな木下に中村が「それを叶える方法教えてあげる。カメラに向かって言っちゃうの。『これ(MovieNEX)が発売の頃にはやってます!』って」と、アドバイスする場面も。

 そして、ランプの魔人・ジーニーに叶えてほしい願いを聞くと、木下は「男性になって過ごしてみたい」、中村は「サメになりたい」とそれぞれ回答。中村は「1日以上は怖くて嫌ですけど、海を自由に泳いでみたいですね。空はアラジンで自由に飛んだので」と、大の動物好きならではの願望を語っていた。