俳優の森山未來が、来年1月18日に東京・新宿シネマカリテほか全国順次公開となる日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』で、アジアを代表する若手国際派俳優、サマル・イェスリャーモワとW主演を務めることが30日、わかった。

【場面カット】広大な草原で乗馬をする森山未來

 同作は、カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマ。

 早く大人になりたい年頃のオルジャスは、果てしない空に抱かれながらも、どこか行き場のない想いを抱えている。そこへある日、現れた男カイラートは、無口ながらもオルジャスに乗馬の仕方を教え、一緒に草原を走ってくれ、仕事も手伝わせてくれる。その存在は、オルジャスの世界に疾風のようにあらわれ、世界を鮮明に塗り替えていく…。

 主演を務めるのは、大河ドラマ『いだてん』(NHK)の美濃部孝蔵役などで常に新しい挑戦をし続ける森山と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。アジアを代表する若手国際派俳優、2人によるW主演。森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露し、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。

 監督・脚本は、日本人監督とカザフスタン人監督が共同で担当。日本側からは『シグナル100』の竹葉リサ監督、カザフスタン側からは『春、一番最初に降る雨』のエルラン・ヌルムハンベトフが参加した。

 撮影監督はベルリン国際映画祭で受賞歴もある若き名手アジズ・ジャンバキエフが務めており、雄大な自然とそこで起こる人々のドラマを詩情豊かに捉えている。2018年10月から約1ヶ月かけ、全編カザフスタンロケで行われた撮影において、森山はほかの日本人技術スタッフを伴わず現地に入り、制作スタイルはおろか映画産業のシステム自体が日本とは全く異なるカザフスタン人スタッフ達との共同作業に臨んだ。

 公開決定に合わせ本邦初公開となった場面写真では、カイラートと少年オルジャスがカラフルなペイントが施された待合所でささやかな交流を繰り広げる場面。カイラートが短銃を片手に馬で駆ける姿、カイラートとオルジャスの母アイグリが笑顔を見せる姿などを切り取っている。