女優の二階堂ふみ(24)、黒島結菜(22)、山本舞香(21)、桜井日奈子(22)、馬場ふみか(24)、箭内夢菜(19)など、数多くの女優・モデル・タレントを輩出してきた『美少女図鑑』を運営するテクスファーム ファウンデーションでは、新たに大学版『美少女図鑑』を制作することが決まった。

【全身ショット】ワンピ姿で美脚もチラリ…GPの伊藤友希さん 各賞受賞者も

 『美少女図鑑』は“街に美少女を増やそう”をテーマに、各地方都市に住む女の子をモデルにした全国展開の老舗フリーペーパーで、二階堂は『沖縄美少女図鑑』(2006年)、山本は『鳥取美少女図鑑』(2010年)、黒島は『沖縄美少女図鑑』(2011年)、馬場は『新潟美少女図鑑』(2012年)、箭内は『福島美少女図鑑』(2016年)出身者となる。

 “大学版”について同社は「基本的には現役の学生をインターンシップという形で参加してもらい、WEBとSNSを使ったリアルな美少女図鑑を作っていく予定です」とし「まずは 都内及び首都圏を基本としています。この取り組みのなかで、次世代の美少女図鑑を作れたらと考えています」とコメント。

 沖縄美少女図鑑創刊編集長で、二階堂、黒島を発掘し、桜井のコピー「岡山の奇跡」を作ったプロデューサー、西原伸也氏が企画などをサポートする。西原氏は「美少女図鑑をキャンパスに解放して、学生だからこそ作れる美少女図鑑ができることを楽しみにしています」。

 「美少女図鑑は今までにフリーペーパーといい紙にこだわってきましたが、大学版美少女図鑑は今の時代らしくwebを中心とした展開を考えています。美少女図鑑を私たちのアイデアで変えてみたい。そんな人を求めています」と呼びかけている。