テレビ東京で生放送中のバラエティー『青春高校3年C組』(月~金 後5:30)のライブイベント『青春高校3年C組デビューKICKOFFライブ~どんな夢にも一歩目がある~』が28日、東京・豊洲PITで行われた。ユニバーサルミュージックの邦楽レーベル「EMI Records」からメジャーデビューを果たす生徒たちの門出となるライブを“副担任”として見守った、アイドルグループ・NGT48の中井りかは生徒たちにやさしいエールを送った。

【写真】青春高校3年C組”アイドル部”集結!一丸となっておこなったライブの模様

 中井は「アイドル部に関しても、全員にも言えることなんですけど、仲間を思いやることが一番だなと思っています」としみじみ。「お客さんもファンの方もその子だけじゃなくて、その子と(ほかの生徒の)絆を見に来てくれていると思うので、一生懸命ひたむきに頑張ってほしいなと思います」と言葉に力を込めた。

 イベント中は、MCとして進行もこなしながら生徒たちに「カッコよかった」と賛辞を送るなど、盛り上げ役としても活躍。「生徒のことを毎日見ているので、変化にも気づきやすいのですが、みんないろんなことを乗り越えるたびに覚悟が決まってきたなと。そんな中でも青春も忘れてない。青春しているなって場面がたくさんあった」とかみしめるように語っていた。

 漫画やドラマの中でしか見た事のない誰もがなんとなく想像する「理想のクラス」を目指して始まった同番組。平日夕方の生放送だけでなく、プロデューサーの秋元康氏から劇場公演をはじめとしたライブイベントにおいて“1万人動員達成でCDデビュー”という課題を出され、今年4月3日から東京・新宿アルタ KeyStudio で青春高校3年C組放課後公演がスタート。

 6月からテレビ東京本社スタジオに会場を移し、地道に公演を積み重ね、1万人動員には至っていないが、見込みが立ったタイミングで、今月16日にCDデビューが発表され、この日はその船出を祝うライブとなった。