俳優の小泉孝太郎が主演するテレビ東京系『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(毎週金曜 後8:00)の最終話(8話)に、高木ブー、仲本工事が出演。レギュラーキャストの加藤茶を加えて、昭和の時代に一世を風靡したドリフの3人が揃い、ある年代以上にとっては懐かしい気持ちになれそうだ。

【写真】なんでも相談室に相談にやってきた3人

 「SECOND SEASON」の第7話では、加藤演じる居酒屋「春吉」の主人・国仲春吉の友人役として高木ブーが出演し、アドリブ合戦を展開。さらに「THIRD SEASON」の第5話では、仲本工事が登場しドラマの中で“タライ落とし“に挑戦してきた。そして、「EASON4」の最終話で初めて3人が揃うことに。

 ある人に何かプレゼントを渡そうとなんでも相談室を訪れた高木ビー(高木)と仲本工一(仲本)。最終的にプレゼントに用意したのは…ちょんまげや禿げ頭のカツラ。「ある人」というのは…。

 収録直後、小泉を交えた4人に感想を聞いた。

――伝説の3人そろっての出演を終えて

【小泉】ゼロ係で伝説のお三方に会うことができるとは思ってもいなかったです。恐らくゼロ係だから共演ができたのだなと。他の刑事ドラマだったら難しかったかもしれませんね。

【加藤】まずキャスティングされないだろうね(笑)。

【小泉】なんでも相談室への相談内容が…(笑)。本当にゼロ係だからこそ共演ができて、話も成立したんだと思います。すごくうれしいですね。

【加藤】俺たちはせりふを覚えるのがすごく苦手で、台本通りにはできないの。

【小泉】台本以外のお三方のやり取りや間の取り方をみると、“わー”とくるものがありますよね。何を話していても成立してしまうすごさも。誰にも真似できませんね。
【仲本】孝太郎くんなら大丈夫だよ。

【高木】俺たちはバンドマンだからまとまっていないとね。あとは寝るから。

【全員】(笑)

【加藤】改めてこの物語はずっと続いてほしいと思う。

【小泉】僕も願っています。シリーズで毎回伝説の3人が相談にくるとかいいですね!

【仲本】困っちゃうな、レギュラーになっちゃうな。