お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成が29日、都内で行われた「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)のファンイベントにゲストとして参加。反社会的勢カの会合に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題による謹慎処分から復帰後、初の芸能イベントに登場した。

【写真】傷メイクも再現してターミネーターのT-800姿で現れた福島善成

 19日に謹慎処分を解除された福島は20日にルミネtheよしもとで劇場復帰。この日は復帰後初の芸能イベントに登場した。福島はターミネーターのT-800姿で登場(相方の熊谷茶はサラ・コナー)し、驚かせた。

 ただ、激似過ぎて、福島が入場しても誰も気づかず。自己紹介しながら「いろんな意味で『I'll be back』です」と『ターミネーター2』でアーノルド・シュワルツネッガーが言った名せりふを言うと、ようやく拍手が起きていた。司会から「おかえりなさい」と声をかけられると「ただいま」と返していた。

 復帰の仕事が決まって以降の状況も明かした。福島は「(シュワちゃんに近づけるように)腕立てをずっとやってました。少しでも胸板が厚くなるように」と、ものまねのこだわりも語った。

 ターミネーターの大ファンである福島は「サラ・コナーのリンダ・ハミルトンの筋肉がどこまで落ちてないか」と注目ポイントも説明。リンダからメッセージと予告編が上映され「バズーカを撃っても、のけぞらない。(リンダは)逆にターミネーターじゃないかな」と大興奮だった。

 最後のあいさつで福島は「本日はガリットチュウにとって運命の日となりました。きょうから新生ガリットチュウ。ターミネーターをよろしくお願いしたします!」と呼びかけた。しかし、イベントで推しているのは“審判の日”で、うっかり間違えた福島は「すみません…」と大慌てとなっていた。

 劇場復帰の際は得意のものまね&怪力ネタを披露し、2つにちぎったマンガ雑誌を見せながら「闇営業行ったら、こうなるからな」とネタにし、笑わせた。

 同映画は、ジェームズ・キャメロン製作、『デッドプール』のティム・ミラー監督で大ヒット作『ターミネーター2』(1991年)のその後の世界を描く。