俳優の小手伸也が29日、東京・渋谷ヒカリエで行われたブロードウェイ発祥のディスカウントチケットストア『TKTS』の オープン記念セレモニーに出席した。

【動画】ブレイクのご褒美!小手伸也、プチ贅沢で満面の笑み

 昨年“月9”ドラマ2作品(『コンフィデンスマンJP』『SUITS/スーツ』)に連続出演し、現在配信中のAbemaTV『奪い愛、夏』では、水野美紀演じる女社長・花園桜の秘書役を好演するなど、“遅咲き”ブレイク中の小手。ブレイク後の変化について「電車の中ですごく見られるようになったのと、タクシーに対する敷居が下がりました」と告白。「恐れ多くて、そんなには使えないですけど、1メーターとか2メーターぐらいだったら時間を買う感覚で乗ってもいいんじゃないかと」と、謙虚に語った。

 同店は、ミュージカルや演劇はもちろん、日本の伝統芸能の能や歌舞伎、小規模劇団の演劇から音楽ライブ、スポーツや展覧会まで幅広いエンタテインメントのチケットを当日・翌日分のみ割引価格(一部定価あり)で購入することができるNYブロードウェイ発祥のディスカウントチケットストアで、この度日本初上陸となる。

 小手自身も『劇団innerchild』を主宰しており、同店のオープンに「作り手側としても、こういう形で舞台のチケットと出会う場所がまたひとつ生まれたという部分に関しては大いに期待したい」と声を弾ませ、「テレビを主戦場にしない俳優さんの中でも、ものすごいと思う方がいっぱいいるので、臆せず劇場に足を運んでもらえたら。演劇界にも怪物みたいな俳優はいっぱいいます」と、演劇界のこれからの盛り上がりに期待を寄せた。

 この日はそのほか、俳優の成河も出席した。