AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』(毎週日曜 後10:00)の第7話が、25日にオンエアされた。オオカミちゃんを予想する視聴者投票によって脱落メンバーが決定する回とあって、番組放送中に寄せられたコメント数は、過去最多となる29万を突破。番組放送中の視聴数も140万を超え、今シーズン最多となった。

【写真】脱落メンバー発表で全員号泣… 『オオカミちゃん』第7話

 第7話のオープニングは、アトリエで和気あいあいと作業する10人の姿。しかし、今日の脱落について各々が話し始めると、自分が落ちるのでは…と不安な気持ちを抑え切れないミチとあいりは、涙を堪えきれず思わず泣いてしまう。脱落発表まであと 6時間、海に向かった10人の前に1通の手紙が。そこには「視聴者投票で最もオオカミちゃんだと疑われた女子1名が、本日太陽が落ちたあと脱落します。なお、脱落したメンバーの復活は、今回はありません」と書かれていた…。

 つらい現実を突きつけられ、「落ちないって約束、ごめんね」とミチが涙ながらにかずまに謝るなど、メンバーもスタジオも重い雰囲気に。それを吹き飛ばすかのように、最年長のルードが「今日は最後のお別れとかでもないし、もし落ちちゃうメンバーがいるんだったら、みんなで笑顔で送り出せたらいいと思う。1回楽しく海に入って涙も何もかも流そう!」とメンバーを鼓舞する。その言葉をきっかけにメンバーの空気は一転し、海に入ったりスイカ割りをする姿に、スタジオからは「めっちゃ青春」「かわいい、愛じゃん」などコメントも弾みんだ。

 そんな中、ルードと2人きりになったいとは「引かれはじめている…」とつぶやき、ルードも好意を抱いていることを告白。一方、2人きりになっても多くの言葉をかわさないゆいととあいり。スタジオで見守っていた飯豊まりえは「すっごく悲しい、寂しい、誰も落ちてほしくない」と今の心情をつぶやいた。

 楽しかったときも束の間 、ついに脱落者の発表の時を迎える10人。女子が1人ずつ前に出て、「脱落ではなかったら白い花火、脱落だったら赤い花火が上がる」というルールのもと、まずはほのばび、ゆうか、いとに白い花火が上がった。4人目として大粒の涙を浮かべながら前に出たミチ。打ち上げられた花火の色は……、白。あいりの脱落が決まった瞬間、メンバー全員が嗚咽混じりの大号泣…。スタジオも思わず言葉を失った。

 Kayaの「やめよ、マジでこういうの」の一言を合図に、全員があいりの元へ集まり「みんな、あいりちゃんのこと大好きだから」「ずっと10人一緒」「仲間だよ」とそれぞれがあいりに声をかけ、 最後の赤い花火を全員で見守った。脱落が決まったあいりに渡された、一通の手紙。そこに書かれていたのは「最後に思いを伝えたい男子を1人だけ指名し、2人きりで過ごすことができます」。あいりはゆいとを誘い、脱落者発表の翌日に2人で夜の遊園地を訪れた。

 楽しそうに遊んでいた2人だったが、ゆいとは思わず「あいり、戻ってきて」と本心を伝えると、あいりも「戻りたいよ…」と正直な気持ちをつぶやく。切なくも幸せなデートの終盤、「本気で恋愛ができると思わなかったから、本当に楽しかった、全部が」と言ったあいりが、最後に観覧車に乗ろうと提案。「観覧車の前で待ってて」とゆいとに告げその場を離れると、あいりは二度とゆいとの前に現れることはなかった…。観覧車前のベンチには、、「私はこの夏、ゆいとくんに出会えて本当に幸せでした」と、ゆいとへの思いが詰まったあいりからの手紙が置かれていた。ゆいとは涙をこらえながら手紙を読みあげた…。

 9月1日放送の第8話の予告では、「実はまだこの中にオオカミちゃんがいる…!?」という言葉とともに、9人の絆に異変をもたらす初の“月LINE”の登場が告げられた。

 同番組の過去回は「Abemaビデオ」で無料視聴が可能。また、ORICON NEWSでは出演全メンバーのリレーインタビューを公開している。