予備校講師でタレントの林修氏が28日、都内で行われた『知って食べればもっと好きになる!JAやさい体験!』のキックオフイベントに出席。テレビ朝日系の『林修の今でしょ!講座』など、さまざまな番組で健康の知識も披露している林氏だが、この日は野菜摂取の充足度を計測すると、基準値にあと一歩届かない結果となり「僕が届かなかったら、ほとんどの日本人は野菜不足ですよ」と悔しさをにじませていた。

【写真】自身の野菜充足度不足の結果に不満顔の林修先生

 取り組んだ計測は、手のひらをセンサーに数十秒当てて、健康の維持に役立つとされている野菜の色素成分や抗酸化成分を計る皮膚のカロテノイドの量。野菜充足度が0.1~12.0で表示され、8.0で基準値以上となるが、林氏の結果は7.9でわずかに届かなかった。

 林氏は計測の結果について「計り直さないといけないですよ。納得いきませんもん」と不満顔。「楽屋でも食事はめちゃくちゃ気を使ってます」と食生活には自信をのぞかせた。さらに「暑さごときで体の調子を悪くしたことないです」と夏にダウンすることもないようで、健康の秘けつを問われると「もともと丈夫なんです」と話していた。

 JAは、8月31日が「やさいの日」であることから、国産野菜をもっと知って好きになって、おいしく食べてもらうことがなどを目的に同イベントを開催。東京の新宿高島屋では、野菜摂取の充足度を計測できる体験コーナーや、野菜収穫体験ステージ、オリジナルミニトマトの試食や特別販売なども行われる。この日のイベントには小学生ユニット・Foorinのメンバーとして活動する新津ちせも登壇した。