俳優の市原隼人が主演するオリジナルドラマ『おいしい給食』の出演者が新たに発表され、『non-no』専属モデルなど、幅広く活躍する武田玲奈が教師役に初挑戦することが明らかになった。

【写真】給食マニアの教師・甘利田=市原隼人

 同ドラマは、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディー。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子どもたち、大人たちのさまざまな人生模様が食欲をそそる給食バトルと共に紡がれていく。劇中では鯨の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が毎回登場し、ノスタルジックな雰囲気を醸し出していく。

 武田が演じるのは、市原演じる甘利田が働く常節中学校に赴任してくる新米教師・御園ひとみ。頑張りすぎて時に生徒からうっとうしがられるが、人懐っこい朗らかな性格。

 「初めての教師役ということで、自分の中でなかなか想像がつかなかったのですが、中学生たちを引っ張っていけるよう、そして甘利田先生をサポートできるように御園ひとみを精一杯演じています! 性格としては、頑張りすぎて空回りしてしまう性格なのですが私とはあまり似ていない部分なので想像力を巡らせ、甘利田先生とは対照的に演じられるよう、頑張ります!」と、意気込む。

 初共演となる市原について「毎回台本以上の事を見せていただけるので、とても勉強をさせていただいていますし、撮影が本当に楽しいです。撮影中も監督さんや生徒役の方たち、私も笑いをこらえながら撮影しています。とてもすてきな俳優さんだと思いました!!」と印象を語っている。

 さらに、給食マニア甘利田に挑戦状を叩きつける男子生徒、神野ゴウ役には、舞台・ドラマと活躍の場を広げ、映画『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開も控えている佐藤大志。「甘利田先生とゴウの2人しかわからない闘い、クラスで起きる問題、甘利田先生の食べ物の知識など見所たくさんです。給食を思い出しながら楽しんでいただけたらうれしいです」と、コメント。

 そのほか、神野に思いを寄せる藤井マコ役には、連続テレビ小説『ごちそうさん』『あまちゃん』『梅ちゃん先生』、大河ドラマ『八重の桜』(すべてNHK)などに子役で引っ張りだこだった、豊嶋花。甘利田の同僚・鷲頭星太郎役には、BOYS AND MENの辻本達規。世話好きの給食のおばさん牧野文枝役にいとうまい子。そして、校長・渡田寛治役に『検察側の罪人』で鮮烈な印象を残した酒向芳ら、個性豊かな俳優たちがドラマを盛り上げる。

 同ドラマは、2019年10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送される。

■放送情報
テレビ神奈川:10月16日スタート、毎週水曜 後9:00
仙台放送:10月スタート
TOKYO MX:10月14日スタート、毎週月曜 後8:00
とちテレ;10月16日スタート、毎週水曜 後7:30
群馬テレビ:10月13日スタート、毎週日曜 後9:00
テレ玉:10月18日スタート、毎週金曜 後11:30
チバテレ:10月17日スタート、毎週木曜 深0:00
KBS京都:10月19日スタート、毎週土曜 後10:30
サンテレビ:10月スタート
北陸朝日放送:10月スタート
KBC九州朝日放送:10月16日スタート、毎週水曜 深1:55
KKB鹿児島放送:10月31日スタート、毎週木曜 深0:50
琉球朝日放送:10月スタート
BS12トゥエルビ:10月20日スタート、毎週日曜 後7:00
※放送日時は変更の可能性あり