俳優・タレントの香取慎吾が、28日放送の日本テレビ系朝の情報番組『スッキリ』に生出演。今年4月放送のTBS系『人生最高レストラン』以来、4ヶ月ぶりの地上波番組への出演で、パラリンピックの魅力を笑顔でアピールした。

【写真】香取、Mattを完コピ 新キャラ「Katt」

 午前8時27分にスタジオに登場した香取は、ドラマ『人にやさしく』(2002)で共演以来、親交のあるMCの加藤浩次から「ちょっと眠そう?」と聞かれると、「全然眠くないですよ、“スッキリ”ですよ!」とニッコリ。「きょうは6時くらい。寝たの早かったですよ、9時くらい。今日は(体調)バツグンですよ」とうれしそうに語った。

 この日は稲垣吾郎、草なぎ剛とともに務める国際パラリンピック委員会の特別親善大使として、来年に迫った東京パラリンピックについて競技や注目選手を紹介。10人ほどの選手を取材したという香取は「熱い思いが本当にすごくて、その熱さが魅力で吸い込まれるんです。負けず嫌いは、もう勝てないですよね、その強さは」と力説した。

 話題の競技「ボッチャ」については「ついにボッチャの道具を買っちゃいましたよ。(自宅で)ちょっとやったんです」と明かすと、「ボール投げて落ちると、ドスッって音が。これ苦情くるんじゃないかな。『ボッチャバー』みたいなのあったらいいな。お酒飲みながらとかでも、遊べるような競技なんですよ」と紹介。加藤から「やってみたいね、チーム戦。『新しい地図』対『スッキリチーム』でやろうか」と提案されると、「あ、いいですね。熱くなりますよ。」とノリノリだった。