テレビアニメ化もされた人気漫画『だがしかし』作者・コトヤマ氏の新連載『よふかしのうた』が、28日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)39号でスタートした。前作『だがしかし』の完結以来、約1年3ヶ月ぶりの連載となり、1話&2話61ページが掲載されている。

【画像】『サンデー』でスタートする新連載一覧

 『よふかしのうた』は、“恋のはじまる、音がする。”をキャッチコピーに、「恋は夜に生まれる。これは、僕が、七草ナズナに恋をするための物語だ。ふたり たのし よふかしラブストーリー。」と表紙に書かれている通りラブストーリーが展開される。

 コトヤマ氏の前作『だがしかし』は、駄菓子屋を舞台にしたコメディストーリーで、劇中内で現実に存在する駄菓子が登場し、現実の流行やニュースがリンクするなど現実に沿った舞台設定で話題に。14年~18年まで同誌で連載。テレビアニメが16年、18年に放送されたが、新連載は『だがしかし』とは雰囲気が変わったラブストーリーとなる。

 新連載スタートでコトヤマ氏は自身のツイッターで「なんでもいいんですけど『コトヤマ、帰還!』で笑っちゃうんですよね 言うほど帰還か?」と表紙に書かれている「『だがしかし』の奇才、帰還!!」をイジるコメントをつづっている。