シンガー・ソングライターの平松愛理(55)が、代表曲「部屋とYシャツと私」(1992年3月発売)の続編となる「部屋とYシャツと私~あれから~」のリリース記念イベントを28日、都内で開催。原作の詞を書き上げるまでに「2ヶ月かかった」と話し「今回は6ヶ月以上かかりました。ものすごい覚悟を持って書きました」と名曲の続編を完成させるまでの想いを語った。

【写真】「部屋とYシャツと私~あれから~」を歌う平松愛理

 平松は詩を作る過程で「俯瞰で歌詞を見たかったので、最近模造紙って売っていないものですから、A4の紙をつなげて書きました」と手間がかかる作業を行ったことを明かした。さらに「ゼロからものを生むよりも大変でした。椅子の上から見ていたんですけど、何かがおかしいと思ったら、ムササビのように(模造紙に)行って、ぴしっと直して、おかげで膝が痛くなりました」と言い、会場に集まったファンの笑いを誘った。

 今年でデビュー30周年を迎える平松は「何周年というたびに『あの夫婦はどうなったのかな? その続きが聴きたい』と言われていたんです。絶対無理ですと言い続けていて、これまではセルフカバーで済ましていました」と、続編を書く難しさを語った。続けて「結婚してから27年で、色んなものが変わりました。子どもが産まれて家族になって、親戚も増えて、やがて巣立っていく背中も見送って。(30周年で)書くときなんじゃないかと。35周年、40周年で書くことはないだろうと思って書きました」と並々ならぬ覚悟で挑んだ続編であることを語った。

 さらに、CDのジャケット写真について「前世はここに住んでいたんじゃないかと思うくらい素敵なお家で撮影していただきました。大好きな赤いパンプスをそばに置いて、おやすみの日を過ごしているイメージで、すごく幸せだと思っています」と笑顔。ファンに向けては「時代は平成から令和になり、どういうリアクションをいただけるのか恐ろしかったですけど、歌詞を聴いていただけるように、心を込めて歌いたいと思います」とメッセージを伝えて楽曲を披露。全3曲を歌い上げ、自身の30周年に花を添えていた。