アイドルグループ・ももいろクローバーZが28日、都内で行われたフジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00)夏休みトークイベントに出席した。現在オープニング主題歌「おどるポンポコリン」を担当し、同作の30周年アンバサダーを務めるももクロ。佐々木彩夏は好きなキャラクターに美人で勝ち気なお嬢様キャラ・城ヶ崎さんを挙げ「自分とかぶるというか…」とシンパシー。しかし即座にメンバーから「ちょっと!」「違うよ!」とツッコミが入り、「あーりん(佐々木)は“みぎわさん”」と指摘され笑いを誘った。

【写真】ツインテールが同じ?!“城ヶ崎さん”に憧れる佐々木彩夏

 洋服や好きなものも乙女チックで女の子らしいみぎわさんは、お金持ちでキザな花輪くんが大好きなキャラクター。“みぎわさん似”疑惑を「違います、城ヶ崎さん!」と必死で否定していた佐々木だったが「みぎわさんもバレエ習っているとか自分とかぶるところもあって、みぎわさんもかわいいんですよね。みんなに愛されるのもわかるな」とその魅力を語った。

 玉井詩織はまるちゃんの祖父・友蔵を挙げ「私も友蔵のようなおじいちゃんがほしい」と憧れ、百田夏菜子は「私は野口さん。素直に友達になりたい。お友達がたくさんいる、明るいイメージではないですが、野口さんならなんて答えてくれるか。全部クックッって笑ってくれたら、大したことなかったのかなって思える。寄り添いたい感じかな」と笑顔。高城れには「結婚するなら大野くん。自分と似てるのは山根くん。お腹痛くなるじゃないですか。私もお腹痛くなる」とそれぞれにお気に入りの登場人物を紹介した。

 イベントではフジテレビ7階で開催中の『チビマルコチャン食堂』のメニューを高城と司会の永島優美アナウンサーが食リポ対決することに。永沢君をイメージした玉ねぎがまるごと乗ったカレーでは、高城がチャレンジ。「おいしい!永沢くんのきつい性格と真逆で中身は甘い。キャラクターの本質を捉えたメニュー」と制限時間30秒を大幅にオーバーしつつもじょう舌にリポート。しかし“カレー好き”玉井詩織からは「カレーの感想が最初にこないのは…。カレーの良さをもうちょっと伝えてほしかった」とダメ出しされる一幕も。

 一方、高城との対決をその場で知らされた永島アナは動揺をみせ、「プレッシャーかかる…」と本音がぽろり。それでもハンバーグが乗ったロコモコ丼をアナウンサーの本領発揮とばかりに、お皿をカメラに見せて具材を紹介したり、「とろける!ハンバーグと卵がからんで、トマトの酸味がきいてる」「しめじもあった~!」「ポテトの塩気が聞いていて進む」と引き出しの多さをみせ、高城から「一つひとつのワードがしっかりしてた…さすが」と驚かせていた。

 会場の拍手によって勝者となったのは高城で、リポート力を認められ「いけますかね?『めざまし』のロケ…」とニヤリ。記念品として、登場したまるちゃんから手渡しによって、まるちゃんのお人形を受け取ると、4人みんなで撫でて大喜びしていた。