渥美清さん主演で49作(97年)まで続いた不朽の名作『男はつらいよ』が、ちょうど50年前の1969年8月27日に上映されたことにちなみ、都内で映画「男はつらいよ」”祝!50周年 寅さんファン感謝祭”イベントが開催された。同シリーズで、渥美さん演じる車寅次郎の腹違いの妹・諏訪さくらを演じた倍賞千恵子が登壇すると、客席から「さくら!」のコールが飛んだ。

【写真】笑顔でトークショーをおこなった山田洋次監督

 この日は、第1作の4Kデジタル修復版が上映された後、山田洋次監督、倍賞、佐藤蛾次郎の3人がトークショーを実施。ある時、渥美さんの発案で、監督とキャスト合わせて5人ほどでタヒチ旅行に行ったことがあったようで、佐藤が「倍賞さんがビキニを着ていたんですね」と笑顔で打ち明けると、倍賞は「タヒチに行ったら、みんなビキニなんですよ。私がつながっているのを着たら、蛾次郎さんが着て『倍賞さん、オレが買うからビキニ着てくれ』って(笑)。自分で買って、ビキニを着たことなかったから、まずは自分で慣れて、それからみんなの前に…」となつかしんだ。

 12月27日には、シリーズの22年ぶり50作目『男はつらいよ50お帰り、寅さん』が公開。今回は車寅次郎の甥・諏訪満男(吉岡秀隆)の妻の七回忌の法要からスタートする。満男はサラリーマン時代に書いた小説が認められ、小説家に転身しており、サイン会を開催。その列には初恋の人で、結婚の約束もしていた及川泉(後藤久美子)の姿が。泉に再会した満男は「会わせたい人がいる」とジャズ喫茶に連れて行く。そこには、寅次郎の恋人のリリー(浅丘ルリ子)がいた。懐かしい人たちとの再会、思い出す寅さんのこと。それが満男と泉に温かい何かをもたらしていく。

 倍賞は新作について「渥美ちゃんはそのままなのよね。(前田)吟ちゃんと『生き残った俳優』『私たちは長い1本の映画を撮っているのかもしれない』って言っていたけど、それが今回の映画かな」と率直な思いを告白。山田監督も「50年かけて撮ったんだね。これは映画史上初めてだし、もうないんじゃないかな」とかみしめるように語った。

 そんな同作を通して、倍賞は渥美さんから学んだことについて「とってもいろんな思い出がいっぱいです。きょうだいを27年間やって。『男はつらいよ』という家族と、自分たちそれぞれの家族の2つがある(感覚)。渥美ちゃんから、役者はこうあるべきだとか、芝居はこうあるべきだとか、学んだことはないですが、相手の立場に立って考えることがどんなに大切かということを学びました。悩み事があったりすると、おい飯食いに行くかって連れて行ってくれて…」と目を細めていた。