俳優の藤木直人が、10月期のテレビ東京系ドラマBiz『ハル ~総合商社の女~』(毎週月曜 後10:00)に出演することが明らかになった。藤木は同局のドラマ初出演。連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)での好演で注目を集める藤木は、「“なつ”の後は秋だと思っていましたが、まさか『ハル』が来るとは想像してませんでした(笑)」と粋なコメントを寄せている。

【写真】主演の中谷美紀

 “秋ドラマ”『ハル』は、大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴(中谷美紀)が一般常識にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描く。

 藤木が演じるのは、晴の直属の上司・和田寿史で、元夫婦という間柄。『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(2016年、TBS)など、これまでにも共演経験のある2人が新たに描く関係性、夫婦が再会してからのラブ展開も見どころとなる。

 「テレビ東京さんの作品に参加するのは初めて! 僕は理系人間で社会経験もなく経済には疎いのですが、テレ東さんの『ガイアの夜明け』など好きで見ていました。今回の台本もとても興味深く面白かったです。そして中谷美紀さんと再びご一緒できるのがうれしいです。圧倒的な演技力、ストイックで多才な方。自分の至らなさにがっかりする3ヶ月になると思いますが(汗)、それ以上に日々刺激を受けながら一緒に作品を作れる楽しみの方が大きいです!」と意気込みを語っている。

 同ドラマでは、ラーメン屋の再建から、海外の病院の買収、アパレル会社や映画会社の改革に至るまで、意外に知られていない商社の実態も見せていく。主人公が、時にはトップダウンすら覆し、思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく、爽快さが期待できる。

 プロデューサーを務める栗原美和子氏(共同テレビ)の実体験から生まれたオリジナルの企画であり、そのリアリティは折紙つき。脚本には『ピュア』『バージンロード』等の名作を手掛けた龍居由佳里氏を起用し、栗原氏と息の合ったコンビが復活。演出は『スーツ』などの土方政人氏が担当する。