AKB48の海外姉妹グループで台湾を拠点に活動する「AKB48 Team TP」の阿部マリア(23)が26日、グループからの卒業を発表した。2010年にAKB48の10期生として加入した阿部は、10月19日に台北アリーナで行われるAKB48のコンサートで卒業する。

【写真】阿部マリアのAKB48時代のプロフィール

 阿部はグループのフェイスブックにメッセージを掲載。「突然の卒業発表、驚かせてしまってごめんなさい」と切り出すと、「AKB48として活動して10年目、今年24歳になります。わたしは小さい頃からカッコイイ女の人に憧れる傾向にあり、わたし自身もカッコイイ人、憧れられるような人になりたいと思ってきました」と説明。「最後まで悩みました。ですが、24歳のわたしが新人アイドルとして活動することをカッコイイと思えない自分、そしてデビューしたてのフレッシュグループにわたしの大人エッセンスは必要ないのかもと思い卒業することを決断しました」と胸中を明かした。

 続けて「時に自分勝手なことを言ってしまったり、いろんな失敗をしながら、いろんなことを学ばせてもらったAKB48。その中で出会ったメンバー、スタッフさん、いつもどんなときも応援してくれるファンの皆さん、本当に本当に大好きです!!」と感謝を伝え「残り2ヶ月もない短い期間ですが、引き続き阿部マリア、そしてこれからもTeam TPの応援をよろしくお願いします」とつづった。

 阿部は10年3月にAKB48の10期生オーディションに合格し、26thシングル「真夏のSounds good !」など選抜歴は計4回。17年11月末をもってAKB48の活動を終了し、台湾の姉妹グループへ移籍。AKB48 Team TPでは1st、2ndシングルともに選抜メンバーだった。