女優の飯豊まりえ(21)が27日、都内で行われたSNS型採用プラットフォーム『LinkT』ローンチ記念イベントに出席。サイトの内容にちなんで、自身のこれまでのキャリアを振り返り「9歳からこの世界に入っていたのですが、オーディションを受けて入ったので、よくよく考えると、その頃から早めの就活をしていましたね」と笑顔で打ち明けた。

【写真】自身の学生時代を”嵐”と表現した飯豊まりえ

 芸能界入り後も“就活”は続いているようで「朝ドラのオーディションでも『こういう経歴で、こういった理由で志望しました』っていう書類を書いていました。そこから、面接をして結果を待つという日々ですね」と回想。「その頃から、両親が喜ぶことがしたい、自分の身の回りを変えたいと思っていたので、小学生の頃から就活でした」と茶目っ気を交えながら語った。

 現在は数多くの作品に出演しているが「(夢は)全部かなっていますね。あんまり先の『こういう風になるぞ』っていうような大きな夢はないのですが、丁寧に作品と向き合ったらいい出会いがあると信じています」ときっぱり。今後、挑戦したい役については「まだ学生の制服とかも着られるチャンスがあって、どれくらいの年齢まで着られるかなとドキドキしています(笑)。これから、年齢を重ねていくとお母さんの役もくることもあると思うので、まだまだ幅があるので、楽しみです」と期待をふくらませた。

 今回のイベントで、面接に挑戦した飯豊は「飯豊まりえです。やる気だけはあります」と初々しく自己紹介すると、自身の長所について「どんなことが突如起こっても冷静に対応できると思います。1で質問されたら10で返せるという自信があります。人見知りなんですけど、お話することが好きなので、どんな人とでも分け隔てなくお話できます」と胸を張った。

 フリップを使って、自身の学生時代を一言で現すとのお題には「嵐」としたため「集団行動もできるのですが、どちらかというとひとりで行動する方が得意でした。いろんなところにパッと行っては、一気に会話して、帰っていくということで、友だちからは『嵐みたいな子だね』と言われていました。充実した高校時代だったので、漢字一文字だと嵐かな」とにっこり。

 飯豊は、自身の友人が現在就活中だと明かし「何社も受けているんですけど、もしかしたら一生涯、その企業で働く可能性もあるので、本当に真剣に選んでほしいなと思って、見守っています」とエール。就活生に向けて「何十社も受けると思うのですが、自分もオーディションなどをたくさん受けてたくさん落ちてきました。でも、それっていうのは、向こう側のフィーリングというか出会いだと思う。自分を見つめ直す時間も大切だと思いますが、自分がこういう夢があるというのを重視して、夢をつかんでほしい」と呼びかけていた。