お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこが10月スタートのフジテレビ系木曜劇場『モトカレマニア』(毎週木曜 後10:00)に出演することがわかった。単発ドラマ『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018 ナニワ心霊道』(2018年8月18日)で主演を務めた経験のあるよしこだが連ドラは初。これまで『交際経験ゼロ』のよしこが、元カレを忘れられない主人公・難波ユリカ(新木優子)の大学時代からの親友でネイリストの“いい女”周防ひろ美として既婚者役を演じる。

【写真】ドラマで“いい女”役を演じるよしこ

 同ドラマは、現在『Kiss』(講談社)にて連載中のコミックをもとに、元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子・ユリカの混乱と暴走と試行錯誤の物語を描く。ひろ美は、素直で突っ走りがちなユリカのことが心配で、あらゆるアドバイスを講じる。おせっかいながらピュアで優しいキャラクター。

 「ドラマを見ることが昔から大好きで、小学生の時、学校帰りに1人でよく好きなドラマのシーンをマネしていたので、あの頃の夢がかなってうれしいです。でも、私はよく“イタコさん”のように体に女優さんを降ろす芸をしていて、憑依(ひょうい)型なので、憑依し過ぎて役に食われないように気をつけたいです(笑)」と意気込みたっぷり。

 “元カレ”を引きずるというストーリーには「私は一度もお付き合いしたことはないですが、想像できっと自分もこうなってしまうんだろうなと思います」と共感。先日の『24時間テレビ 42』(日本テレビ系)の『24時間駅伝』では32.195キロを完走したよしこは「はじめての連ドラ、挑戦させていただける幸せをかみしめながら、先日の24時間駅伝の勢いそのままに、楽しく最後まで走り抜きたいです!!」と誓っている。