アイドルグループ・NGT48の佐藤杏樹(17)が25日、新潟・NGT48劇場で行われた『夢を死なせるわけにいかない』公演で、グループからの卒業を発表した。卒業公演は9月末を予定している。

【写真】NGT48劇場で8ヶ月ぶりの定期公演をスタートしたNGT48

 佐藤は公演後、自身のインスタグラムを更新し、「卒業発表させて頂きました。残り1ヶ月、全力で頑張ります!よろしくお願いします。みんなの事が大好きです」と卒業までの活動への意気込みを発表した。

 佐藤は、新潟県魚沼市出身の17歳。NGT48の1期生として2015年8月のグループ創設時から活動し、バラエティー番組や公演ではMCを務めるなどしてきた。

 最後の握手会は9月23日に神奈川・パシフィコ横浜で行われるAKB48 56th「サステナブル」大握手会。卒業公演は9月末予定としている。

 佐藤の卒業発表を受け、早川麻依子支配人はツイッターで「本日、佐藤杏樹が卒業発表をさせて頂きました。あたしらしく明るく発表するね!と言っていましたが、アンコールからガチガチに固まって動けなくなっていく杏樹の緊張感がじわじわと伝わってきました。あと1ヶ月強NGT48として楽しい日々を送れるようサポートしていきたいと思います」とコメントしている。

 1期生の卒業は、5月の山口真帆(23)、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)、今月31日の村雲颯香(22)に続き、今年5人目となる。