演歌歌手の市川由紀乃が26日、10代を中心に人気のショートムービーアプリ「TikTok」の公式アカウントを開設し、着物姿で初投稿した。

【画面写真】TikTokアカウントを開設した市川由紀乃

 市川は最新曲「雪恋華」(1月発売)のミュージックビデオがYouTubeで140万再生を突破し、今年発売された演歌のMVで再生回数1位(8月26日現在、キングレコード調べ)を記録する好調ぶり。

 背景として、演歌歌手がJ-POPを歌って歌唱力を競うTBS系音楽特番『演歌の乱』に昨年9月、今年3月と出演して以降、「10代、20代の女性にも広く支持されるようになったことが要因として考えられます」(関係者)としている。

 若年層の認知拡大をきっかけに、本人のTikTokアカウントの有無を聞かれることが増えたといい、個人アカウント開設を決定。26日正午に着物姿で初投稿した。今後も「早着がえ」「歌ってみた」「ボトルキャップチャレンジ」など、TikTokならではのコンテンツを中心に、順次アップしていく予定としている。

 市川は「TikTokを通じて幅広い年代の方に楽しんでもらい、市川由紀乃の事を知って頂けると光栄です」とコメントしている。