人気グループ・嵐の櫻井翔が25日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(24日後6:30~翌後8:54)内で放送された『どうしても奏でたい!半身まひとなった少女のひと夏の挑戦』企画に参加。6年前に脳梗塞を発症し、体の右半分が麻痺した大阪府豊中市の濱本彩菜さん(11)をサポートし、アニメ映画『千と千尋の神隠し』の楽曲「あの夏へ」をピアノ演奏で披露した。

【画像】カラバリは5色! 嵐・大野智デザインのチャリTシャツ

 彩菜さんは病気になる前にピアノ教室に通っており、今は左手しか動かないが、再びピアノを弾けるように頑張っている。今回は母・洋子さん(50)を勇気づけるためにピアノを弾きたいという夢をかなえるべく、櫻井は左手を使って伴奏のお手伝いとなった。

 実際の練習では彩菜さんがピアノを弾いてみると脳の運動機能が低下しており、利き手ではない左手で複雑に動かすのも一苦労。リズムもうまくつかめない。思わずいら立って母とけんかすることも。しかし「ママが喜んでたら彩菜もうれしい」という思いのもと、本番に臨んだ。

 本番前に櫻井は「とってもたくさん練習しましたから、櫻井と一緒に楽しめばいいだけですから!」と後押し。彩菜さんの横に座った櫻井と彼女の奏でる優しくも力強いピアノの旋律に、会場となった両国国技館はあたたかい拍手で包まれた。

 無事に演奏を終えるとハイタッチを交わした2人。「緊張しなかった」という彩菜さんに櫻井は「のびのび弾いてたもんね? 左手で演奏して、左でペダルを踏んでるんですね。重心が左にかかっているからバランスをとるのがめちゃくちゃ難しいんです。いかに彩菜ちゃんがここに至るまでどれだけ練習したか、ご家族のサポートがあったから。こんなきれいな音色をお母さま・お父さまに届けられて、横で感動しながら聴いていました。よかったね」と労っていた。

 会場を国技館に移した今年の『24時間テレビ』のテーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。メインパーソナリティーを6年ぶり史上最多5回目となる嵐が務めるほか、チャリティーパーソナリティーに浅田真央、総合司会は羽鳥慎一、水卜麻美、24時間テレビサポーターに徳光和夫が担当。チャリティーランナーはいとうあさこ、よしこ(ガンバレルーヤ)、近藤春菜(ハリセンボン)、水卜アナウンサー。