人気グループ・嵐が25日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(24日 後 6:30~翌後8:54)内で放送された『嵐×高校生 ブラスバンド甲子園』企画に参加。日本大学第三高等学校、八王子学園八王子高等学校、東海大学付属高輪台高等学校の吹奏楽部182人による合同ブラスバンドと『野球応援曲メドレー』でコラボレーションを果たした。

【画像】カラバリは5色! 嵐・大野智デザインのチャリTシャツ

 今年も熱き戦いを繰り広げた高校野球にちなみ、吹奏楽の応援合戦をメドレーで披露。日大三高は、出場回数37回、全国優勝3回の甲子園常連。吹奏楽部のドラムセットを使用したダイナミックかつリズムカルな応援、チアガールのキレキレのダンスが特徴。

 八王子高校は、2016年に夏の甲子園に初出場。吹奏楽部は、全日本吹奏楽コンクール東京代表として6度出場の強豪校。演奏に加えて、プラカードや傘を使用した工夫を凝らしたパフォーマンスが魅力で今回のために手作りしたアイテムでも会場を盛り上げた。

 そして東海大高輪は、3校の中で唯一甲子園に出場歴はないものの、2018年全日本マーチングコンテスト金賞を獲るなど大活躍している吹奏楽部。マーチング全国1位のフォーメーションがみどころとなった。

 オープニングの「ヒットファンファーレ」のあと、『どかんと一発』のフレーズで始まる応援曲の定番「どか~ん」や、ピンク・レディー「サウスポー」、ラテンの名曲「エル・クンバンチェロ」、荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」、サンバの応援曲「サンバ・デ・ジャネイロ」に光GENJI「パラダイス銀河」といったバラエティー豊かな演奏が繰り広げられ、「ルパン三世のテーマ」を日大三高が演奏したのち、3校合同の「アフリカン・シンフォニー」でメドレーは佳境へと突入。

 そしてフィナーレに登場した嵐は自身のヒット曲「GUTS!」(2014)を歌唱。5人は迫力満載なブラスバンドの生演奏のもと、各高校のチアとが息のあったダンスで合わせ、チャリティーランナーの水卜麻美アナウンサーの背中を押すようにパワーあふれる歌声を披露。会場となった国技館を大いに沸かせていた。