映画化された『犯人に告ぐ』『検察側の罪人』など、驚愕のサスペンスで人気の作家・雫井脩介氏が新境地に挑んだビジネス小説『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』、『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』(PHP研究所)をWOWOWが映像化。女優の松下奈緒主演、『連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~』が11月に放送される。

【写真】映画『エンジェルサイン』でも主演を演じる松下奈緒

 松下が演じる本作の主人公は、アウトドア用品メーカーの「フォーン」創業者を父に持つ、鹿子小穂(かのこ・さほ)。ある日、父がヘッドハンターを介して招へいした人物が現れ、会社から追い出されることに。その後、奇しくも小穂自身がヘッドハンターとして、初めて外の世界での一歩を踏み出していく。

 「この作品で初めて、ヘッドハンターという職業を知りました」という松下は「また新たな主人公を演じさせていただけてとてもうれしかった。ヘッドハンター鹿子小穂と胸を張って言えるよう、最高で最強のヘッドハンターを目指します!」と、意気込んでいる。

 小穂を知られざる業界に引き込んでいく敏腕女性ヘッドハンター・渡会花緒里(わたらい・かおり)役に内田有紀。くせ者だがどこか憎めないキャラクターのフォルテフロースのボス・並木剛(なみき・つよし)役に小手伸也。“ある陰謀”を抱きながら暗躍し、小穂たちの宿敵ともなる切れ者ヘッドハンター・戸ケ里政樹(とがり・まさき)役に渡部篤郎も決定。

 監督は、2018年邦画興行収入1位を獲得した『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の西浦正記氏。「今回はカメラに一切三脚を付けずに撮影するなど新しい映像にチャレンジもしています。明日の活力になるドラマを作りたいと思って挑みましたのでお楽しみに!」と、コメントしている。

 世の中多くの人々は、家族のため、自分自身のため、大切な何かを守るために日々働く。終身雇用ではなく転職が当たり前の今の時代だからこそ、一度きりの人生で自分がやるべき仕事を真剣に求めている人がいる。仕事とは? 経営とは? 何を大切にして働くべきなのか? 各業界の逸材としてヘッドハンターに目を付けられた人たちの仕事への思いとは? 熾烈な戦いとも言えるヘッドハンティングや主人公の小穂を通して、それらの答えも見えてくるに違いない。