俳優・中村倫也の著書『童詩』(ワニブックス)が、最新の8/26付オリコン週間BOOKランキング「写真集」部門で5位をキープ。『凪のお暇』安良城ゴン役が引き続き好評を得ている中村だが、写真集も絶好調。7月の週と比較して、8月の週はほぼ倍以上の売上部数となり、発売から1年を過ぎてランキングTOP5に定着しそうな異例の推移となっている。

【写真集カット】中村倫也、危険な男の色気が漂うクールな横顔

 同作は、昨年8月に発売された自身初の著書。ロングセラーとなっていたなか、1月期ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で中村が注目を集めると、ランキングを上昇。2/25付で9位、3/4付で10位とTOP10返り咲きを果たしていた。その後もTOP50前後を推移する好セールスを続けていたが、『凪のお暇』(TBS系)のスタートとともに再上昇。8/12付で1年ぶりにTOP5へ返り咲き、翌週8/19付で6位、今週8/26付で5位とTOP5をキープしている。

 ドラマのヒットによる知名度や人気のアップで、関連書籍の売上が伸びるのはめずらしいことではないが、本作は瞬発力的な伸びから、そのまま上位に定着しつつある異例の推移を見せている。そこからは、ドラマ人気だけではなく、バラエティなどでの彼の人柄、人間性が広く好感を得ていることもうかがえる。ポテンシャルの高さを感じさせる中村のこの先が気になるところだ。