新海誠監督による劇場アニメ『天気の子』の原作小説『小説 天気の子』(KADOKAWA/7月18日発売)が週間5.1万部を売り上げ、最新8/26付オリコン週間文庫ランキングで1位を獲得。7/29付、8/5付、8/12付の3週連続1位に続き、首位に返り咲いた。また8/26付BOOKランキングでは、挿絵付きの小・中学生向け児童書版『天気の子』(KADOKAWA/8月9日発売)が週間2.4万部を売り上げ、初TOP3入りとなる2位に上昇。ジャンル別「児童書」では、2週連続で1位を獲得した。

【写真】ワンピひらり…『天気の子』ヒロイン・森七菜が魅せる17歳の圧倒的な透明感

 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、家出少年と祈るだけで空を晴れにすることができる能力を持つ少女が、運命に翻弄されながらも自分の生き方を選ぼうとする物語。映画は7月19日より公開され、興行通信社の週間映画ランキングで3週連続1位を記録。息の長いヒットとなり、公開34日目となる8月21日時点で興行収入100億円を突破(100.7億円)した。

 映画のヒットと合わせ、主題歌を担当したRADWIMPSのサウンドトラックアルバム『天気の子』も最新8/26付オリコン週間デジタルアルバムランキングで5週連続の1位を獲得するなど、引き続き各方面で好調に推移している。