俳優の北村匠海が、9月24日放送のカンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマ『FLY! BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました』(後9:00)に出演することがわかった。女性が大多数を占める職場で奮闘し、成長していくダメダメ男性キャビンアテンダント(CA)たちによる青春ストーリーを描き、主人公・朝川千空役のKing & Prince・永瀬廉と初共演を果たす。永瀬、北村とともにCAを志す訓練生として岐洲匠、小越勇輝らも追加キャストに決定した。

【個別ショット】『FLY! BOYS, FLY! 』に出演する北村匠海ら

 北村演じる早乙女薫(さおとめ・かおる)は、元モデルのCA訓練生。基本的な能力は高く、何でもそつなくこなすが努力することを嫌い、「こんなもんでしょ」と見切りをつけてしまう典型的な『さとり世代』的思考の持ち主。千空の姿勢を当初は小馬鹿にするが…。北村は「僕自身、新社会人の方が切磋琢磨しながらお互い助け合うドラマって記憶に残っていて、脚本を読んだ時に、熱い作品だと思ったので、年齢問わず、見てくださる皆さんの印象に残り、数年後にも語り継がれるようなドラマにできればいいなと思います」と熱い想いを明かす。

 また、初主演を務める永瀬については「もしかしたらプレッシャーとかもあるかもしれないのですが、真摯(しんし)に一生懸命取り組んでいる姿を見て僕もすごく刺激を受けているし、そういう作品に参加できてよかったと思います」と感慨深げ。

 「永瀬君演じる千空というキャラクターにきっと元気をもらえると思うし、彼のような人が突き動かしていくのに対し、自分もそれに引っ張られるように突き動かされていくような感じ。僕のキャラクターもやっぱりそうですし。今回のドラマも彼が引っ張ってくれている、現場を永瀬君が引っ張っていってくれているのもそうで、そんなふうに現場で起こっている、僕らの中で起こっている、関係性や熱量が届いて欲しいというか、届けるつもりなので、ぜひとも楽しみにして欲しいです」と手応えをにじませている。

 また岐洲が演じる郷田勇一(ごうだ・ゆういち)は空への憧れがあり、高校卒業後に自衛隊に入隊するも音をあげ除隊。転職先を探していた際、男性CA募集の広告を見て、一筋の望みをかける。小越演じる黛正太郎(まゆずみ・しょうたろう)は、大学進学時にカミングアウトしたオープンリー・ゲイ。子どもの頃に家族旅行に行った際、CAの振る舞いに感激し、CAを目指すことに。

 岐洲は「撮影始まったばかりですが、本当にあっという間に男性4人がすぐ仲良くなりました。空いている時間にもずっと喋っています。男性4人のシーンがたくさんあるので、これからもっと良い関係性になっていけるんじゃないかと思います」とチームワークをアピール。小越は「作品の面白さももちろんそうですし、見終わったあとに何か少しでも誰かの背中を押せるような作品になったらいいなと思います。千空君を筆頭に、それぞれの男性キャラクターもそうですし、ほかの皆さんも個性がすごく強いので、そういったところも見ていただきたいです。見ていて明るくなるというか、ほほ笑ましくなる瞬間がたくさんあると思うので、楽しんで頂けたらと思います」と呼びかけている。