人気アイドルグループ・乃木坂46の4期生の遠藤さくら(17)、賀喜遥香(18)、筒井あやめ(15)が、21日発売の『週刊少年マガジン』38号(講談社)の表紙に登場。新曲のフロントを務める新世代の3人が、フレッシュな魅力を発揮した。

【動画】初選抜、初センターの遠藤さくらが迫真演技で涙

 乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)で、遠藤が初選抜で初センターに、両隣にも同じく初選抜の賀喜と筒井が抜てきされ、大きな話題となった。

 3人は今年2月の『マガジン』10号の表紙も飾っていたが、大きく成長して半年ぶりに凱旋。グループの未来を牽引する注目美少女たちが、制服姿はもちろん、それぞれの個性を表現したワンピース姿も披露した。