人気アイドルグループ・日向坂46の1st写真集『立ち漕ぎ』(28日発売/新潮社)に、今月11日にグループから卒業した柿崎芽実(17)からのメッセージが掲載されることが明らかになった。写真集公式ツイッター【@hinata_group1st】が19日、動画で発表した。

【動画】柿崎芽実“最後の手紙”が写真集に掲載

 柿崎は2016年5月に1期生として「けやき坂46」に加入。日向坂46に改名しても活動を続けていたが、6月21日に公式サイトでデビューシングル「キュン」の活動をもってグループから卒業することが発表された。ブログでは卒業後の進路は「これからゆっくり考えていきたいと思います」としていた。

 本作の撮影には参加していなかった柿崎だが、応援してくれたファン、そしてメンバーへの思いがつづられたラストメッセージが、「Snow Princess Angel」と題した特別な見開きページで掲載されることが決定。便せん2枚にしたためられた最後の手紙が、日向坂46の記念すべき初写真集に記される。

 本作は坂道シリーズの元気印といわれる彼女たちが、全力で青春した4泊5日の沖縄旅行を撮り下ろし。修学旅行感あふれる“ハッピーオーラ”に包まれた写真はもちろん、沖縄の青空の下でのプール撮影や、初のランジェリー撮影にも挑戦するなど、彼女たちが持つ“グループとしての力”が176ページの大ボリュームに存分に発揮された。

 先日は昨年7月から活動休止中の影山優佳(18)も撮影に参加していることが発表され、ファンを喜ばせた。