フリーアナウンサーの田中みな実が、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『モトカレマニア』(毎週木曜 後10:00)に出演することが、わかった。今年連ドラ『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ)や『奪い愛、夏』(AbemaTV)など女優業も本格的にスタートした田中が、ゴールデン・プライム帯連ドラに初レギュラー出演。このほか、山口紗弥加、小手伸也、森田甘路、加藤虎ノ介、大地、井上翔太らも追加キャストに決定した。

【写真】新木優子、ハマケンと高良健吾の間で揺れる?

 女優の新木優子、俳優の高良健吾のW主演による同作は、現在『Kiss』(講談社刊)にて連載中のコミックを実写化。モトカレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女の子・ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤の物語。合言葉は「女だって引きずる!!!」としたザワザワ系ラブコメディー。

 田中が演じるのは地元の北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティーとして活躍しているむぎちゃんこと来栖むぎ。むぎちゃんは地元・北海道を愛し、自分の仕事に誇りを持つ女性。高潔さゆえに気持ちを表に出すことができず、周囲に誤解されやすい。だが、誤解されても夢をかなえるために邁進(まいしん)したい。他人にどう思われても構わないという芯の強さを持つ。だがそれゆえに、仕事の目標と恋愛の間で揺れ動くことに…。

 草谷大輔プロデューサーは「“謎の女性”来栖むぎ役には、幅広い女性から支持を受けている田中みな実さんにオファーさせて頂きました。アナウンサー時代に培われた豊かな表現力とその表情を生かし、いま女優として活躍されている田中さんに今回、“仕事”か”恋愛”かで揺れ動く、働く女性の代弁者になっていただきます」と期待を寄せている。

 このほか、ユリカが愛読する恋愛小説の作者で自身も“モトカレマニア”である丸の内さくら役に、山口、ユリカと高良健吾演じるモトカレ・斉藤真が働くチロリアン不動産の社長・安藤一朗役に小手が起用。

 安藤が社長を務めるチロリアン不動産の社員でユリカの同僚・大沢将役に森田、さくらの担当編集者でさくらに新しい作品の執筆を熱望する新田浩二役に、大地(だいち)、ユリカと親友の周防ひろ美行きつけの“BARネコ目”のマスターで、ユリカとマコチの行く末を優しく見守る増田隆志役を加藤、“BARネコ目”のアルバイトで、空気を読まない軽口でユリカを怒らせてしまう近藤康役を井上がそれぞれ演じる。