俳優の佐藤二朗(50)が19日、都内で行われた映画『ライオン・キング』大ヒット記念イベントに出席。プレミアム吹替声優を務めたお笑いコンビ・ミキの亜生(31)とトークで観客を盛り上げる中、突如会場に乱入してきた兄・昂生(33)の暴れっぷりにツッコミを入れつつも、弟・亜生との息の合った掛け合いに感動していた。

【動画】「ハクナ・マタタ」を観客と大合唱する佐藤二朗&ミキ・亜生

 
 「ちょっと待て!」とキレ芸全開で登場した昂生に、「(乱入してくる)タイミングばっちりや」と亜生からさっそくイジられ、タジタジの様子。イボイノシシ・プンヴァ役を務めた佐藤に「風邪ひけ!佐藤二朗!」と対抗心むき出しの昂生と、絶妙なツッコミを入れる亜生のやりとりを見た佐藤は思わず、「息ピッタリの兄弟漫才を堪能した」と感心していた。

 イベント終盤には、主人公・シンバの子供時代を演じた熊谷俊輝(11)と共に、劇中歌「ハクナ・マタタ」を観客と大合唱。歌唱後、「みんなでセッションしたあの日を思い出すな~」と亜生に挑発された昂生は「腹立つ~!俺ともセッションしてくれ」と懇願するも「ノーセッションで」と断られ、うなだれていた。

 この日は、日本版オフィシャルソングを担当したRIRIも登場し、「サークル・オブ・ライフ」を生披露した。