俳優の古川雄輝が主演するWOWOW『連続ドラマW 悪の波動 殺人分析班スピンオフ』(10月6日スタート、後10:30 全5話※第1話のみ無料放送)のポスタービジュアルが解禁された。「殺人分析班」シリーズの1作目『連続ドラマW 石の繭 殺人分析班』の一挙再放送も決定した。

【写真】木村文乃演じる如月塔子も登場

 「殺人分析班」シリーズは、麻見和史氏の原作をもとに木村文乃主演で2015年『石の繭』、16年『水晶の鼓動』として放送された警視庁の犯罪捜査を描くWOWOWオリジナルドラマ。シリーズ第3弾となる『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』(11月より放送予定、全6話)の制作決定も発表され、シリーズへの注目はますます高まっている。

 本作、『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』では、過去のシリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯トレミーこと八木沼雅人が、いかにして冷徹無比な殺人鬼になったのかが描かれる。原作第1作『石の繭 警視庁殺人分析班』で初登場したキャラクター“トレミー”からインスパイアされた、ドラマオリジナルのストーリー。

 古川は、殺人鬼でありながら見る者をひきつけ、高い人気を誇ったトレミーは、引き続き演じる。彼に想いを寄せる浅田吉佳役にSUMIRE、刑事・井口役に池田鉄洋、同じく刑事・矢島役に深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.)、吉佳の母親違いの兄・浅田剛志役に平埜生成らが出演。さらに、木村演じる「殺人分析班」シリーズの主人公・如月塔子も登場する。

 ポスタービジュアルは、古川演じる冷徹無比な殺人犯トレミーの前日譚にふさわしく、サスペンスフルでミステリアスな仕上がりとなっている。身元を詐称し、野木直哉として生活している八木沼雅人(後のトレミー)。暗い部屋で頬杖をついて“何か”を見ているが、「その首吊り殺人は、何を意味するのか。」というコピーやネガフィルムが、彼が見ているものを暗示させる。また、彼が綴ったと思われる恨みの文字からは、冷徹な殺人鬼へと変貌していく彼の心の深淵がうかがえる。

■『連続ドラマW 悪の波動 殺人分析班スピンオフ』
10月6日スタート、毎週日曜 後10:30~ 全5話(※第1話無料放送)
WOWOWメンバーズオンデマンドでは、各話終了後 見逃し配信
TSUTAYAプレミアムでも10月6日より配信スタート

■『連続ドラマW 石の繭 殺人分析班』一挙再放送
10月6日 後5:30~10:30
全5話一挙放送