大型の台風10号の接近に伴い、北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催予定だったロックフェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO』の16日公演が中止となることが決定した。公式サイトで発表された。

【ライブ写真】“銀座ライブ”でのスリリングな存在感も彼らの魅力

 サイトでは「台風10号の接近に伴う悪天候が予想されることから、お客様の安全を第一に考慮して8月16日(金)公演は中止とさせて頂きます」と報告。翌17日公演については「現在天候状況を踏まえて検討しております」とし、16日午前5時の札幌管区気象台の最新情報をうけ、午前5時半に発表する予定となっている。

 16日の同公演には、東京スカパラダイスオーケストラ、the HIATUS、NUMBER GIRL、ストレイテナー、スガシカオ、King Gnuなどが出演予定だった。

 台風10号の影響は各地で発生しており、15日に開催予定だった乃木坂46の京セラドーム大阪公演、KAT-TUNの大阪城ホール公演、Mrs. GREEN APPLEのフェスティバルホール公演など西日本各地で公演中止が相次いでいた。