ニコニコ動画やYouTubeなど動画投稿サイトでの演奏動画の総再生数・約5億ビュー、YouTubeチャンネル登録者数は140万人超えの人気を誇るピアニスト・まらしぃ。投稿で演奏する曲は、アニソンやボーカロイド、ゲーム音楽を独自の解釈でアレンジしたモノが主だが、自作曲も数多い。投稿活動だけでなく、CDリリース、ライブツアーのほか、TOYOTAなどの企業CMやTV、映画、イベントなどへの楽曲提供を行ったり、フレンチポップの女王・クレモンティーヌや高橋洋子など多彩なジャンルのミュージシャンと共演したりと幅広く活躍中だ。

【写真】満席の会場で演奏するまらしぃ、ライブの様子

 昨年8月13日から今年8月12日までは活動10周年イヤーとして、記念リリースやコンサートツアーを慣行。さらに、今年3月に初の中国公演を成功させ、6月には単独ピアニストとして初の幕張メッセ公演を開催。チケットは完売で、超満員の観客を前に大成功を収めた。

 そんなまらしぃの新たなステップの第1弾として、8月28日にベートーヴェンの「運命」と、オリジナル曲「村雨」を発表(オリコンミュージックストアにて独占配信)。「自分が楽しむこと」を大切に、20周年に向かって進み出したまらしぃに、これまでの思いや、これからのこと、今回の作品での“新たな試み”について語ってもらった。

■“動画投稿”という手段が無かったら、きっと途中で飽きて終わっていた

 まらしぃは、幼少からクラシックピアノを習っていたが、中学のときに指導者と衝突して4年ほどピアノから離れることになる。だが、『東方Project』を知ったことがきっかけで、ピアノを再開。2008年の8月、ニコニコ動画に『東方~』の楽曲「ネイティブフェイス」を演奏した動画を初投稿し、“まらしぃ”としての活動が始まった。だが、当時は、単なる趣味の延長でしかなかった。

【まらしぃ】今でこそYouTuberとか、動画の投稿で生計を立てる人が出てきましたけど、僕が投稿し始めた2008年は、まだそんな流れはなかったし、ピアノで食べていくこと自体、全く考えていなかったです。数学教師とかになって、ピアノは趣味で続けられたらいいな、ぐらいで…。単純に好きでやっていたら、CDを出すことになって、ライブもするようになって、投稿も続けて…で、気がついたら10年経った、って感じです。「有名になってやろう!」っていうのも、ホントに無かったんで。

――そうやって、ただ自分が楽しくて活動を続けてたなかで、大企業からのCM曲のオファーや、有名人からのピアノ演奏の依頼など、すごくメジャーな話が舞い込んできたときは、どんなお気持ちだったんですか?
【まらしぃ】自分のことなんですけど、ちょっとどこか他人事というか…。動画を通して自分の演奏を誰かに聴いてもらえるのって、何が起こるかわからなくてワクワクするんですよ。でも、思いもしなかった大きなオファーが来たときに、舞い上がって「どうしよう…」ってなったり、うまくやらなきゃ、と思い詰めてしまったり…というのはなくて、「次はこういう展開になっていくのか!わぁースゴいなぁ」って、一歩引いて感じてました。何かを目指してたワケでも、焦って何かに手を出したワケでもなくて、目の前のことを1つひとつやっていたら、いつのまにかいいところに収まってた、っていう感覚なんです。

――“動画投稿”って手段が無かったとしたら、まらしぃさんはどうなってたと思います?
【まらしぃ】ライブ活動はしてたかもしれないけど、途中で飽きて終わってたんじゃないかなぁ。自分が演奏した動画を共有してみんなでワイワイやるのが楽しかったんですよ。いろんな人の反応がわかって、新しい刺激もある――そこが好きで、今も続けてるんです。だから、1人だったら続いていないと思います。

■新たな試み“まらおバンド”は、変幻自在の未知数のユニット

“10周年記念イヤー”が一段落し、20周年に向かっての第1弾は「運命」のカバーと、オリジナル曲で『Aichi Impact2019』(8月30日~9月1日)のテーマソングでもある「村雨」。この2曲は、ピアノだけではなく、彼にとっての新形態“まらおバンド”での演奏となる。このユニットは、彼以外のメンバーは固定せず、その時々で楽器もメンバーも変わるという変幻自在な形態で、今回はドラムとのコラボだ。

――新しい試みの第1弾に「運命」を選んだのは?
【まらしぃ】特に意味は無いんです。ドラムとピアノで“♪ジャジャジャジャーン!”ってやったら、単純にカッコよくなりそうだなって思って(笑)。あと、僕、クラシックピアノには、先生とケンカしたり、やらされてる感があったり…で、あんまりいい思い出が無かったんですけど、去年出したアルバム『marasy piano world X』に僕なりの解釈でアレンジした「エリーゼのために」を収録したりして、クラシックの良さみたいなモノもだんだんわかってきたんですね。だから、今の僕が(クラシックを)噛み砕くと、こんなふうになるんだな、というのは、やってみたかった。というのもあります。
 今回コラボしたyuji yono君は、若くて勢いがあって上手いドラマーなんです。僕は今まで年上の方と作業することが多かったんで、今回、僕より歳下のミュージシャンと一緒にやるのは新鮮でした。今までは後ろをついていくだけだったのが、今回は自分が引っ張らなきゃいけないんじゃないか、とか考えましたね。お互いまだ敬語は抜けてないんですけど(笑)、年が近いから、意見をぶつけ合ったりして楽しかったです。

――「村雨」については?
【まらしぃ】eスポーツのイベント『AICHI IMPACT2019』のテーマソングということで、ゲームっぽい感じを出しました。それと、eスポーツ=ゲームは日本が世界に誇れることの1つでもあるんで、日本っぽいイメージも持たせました。どっちの曲も、まらおバンドの初音源なんで、盛り上がったら嬉しいですね。

――ピアノだけの楽曲とバンド用のモノでは、作り方は変わりますか?
【まらしぃ】特に区別は無いです。ピアノだけのときも「ここではドラムがこんな感じで、ここはベースが…」って頭のなかでいろんな楽器の音が流れてて、それをピアノに落としこむんです。なので、バンド形式のときは、その僕の頭にある音を再現してもらえるように伝える、という違いです。

――まらおバンドで今後やっていきたいことはありますか?
【まらしぃ】フェスに出たいんですよね。今までも『VIVA LA ROCK』とか、フェスには何度か出させてもらっているんですけど、やっぱりロックフェスだとピアノソロは毛色が少し違いますから…。自分のことを知っている人、知らない人、いろんな人の前で演奏するのはモチベーションになるんで、バンドの形態を1つ持っていると、そういう場所にも出て行けたりするのかなと期待しています」

■これからはリアルタイムの体験を重視する傾向になっていく

 少し前までは、メジャーになるには、レコード会社と契約して、CDを作って、TVに出て…と高いハードルをいくつも越えなければならなかったが、今は好きなタイミングで好きなモノを自由に発表できる時代。音源の形態も必ずしもCDで出す必要はなくなり、配信のみというパターンも増えてきている。まらしぃも「発表の形態にはこだわらない」という。

【まらしぃ】やっぱり聴いてもらってナンボなんで、みなさんが聴きやすい環境で聴いてもらうのが一番いいと思うんです。僕自身はヲタ気質、コレクター気質があって、好きな人が何か出してたら集めたいタイプなので、カタチとして残る方が好きなんですけど。だから要望があれば、今後、LPやカセットって形態でも出せたらおもしろいかなって考えもあります。

――音源のプラットフォームは出尽くした感があるんですが、今後、音楽はどんな方向に向かっていくと思いますか?
【まらしぃ】最近もだんだんその傾向になってきていると思うんですけど、何となくライブに収束していく気がしてるんです。配信、動画、CD…作品を発表する手段はたくさんありますけど、何がどうあってもライブは超えられないと思うんですよ。さまざまなプラットフォームで音楽を聴いていたけど、満足しきれない人が最終的に流れ着くのは、やっぱり“生”になってくるんじゃないかなぁと。インターネットの生放送もそうですけど、リアルタイムのその場の体験を重視する傾向にあるんじゃないかなと感じています。

――最後に20周年に向けての展望を教えてください。
【まらしぃ】生配信中に「今から出産です」ってコメントが来たり、僕のピアノを聴いてピアノを習い始めましたとか、小さい子どもがマネしてがんばって弾いていますって話を聞いたりすると、「その子たちが大きくなって、僕の配信やライブに遊びに来てくれたり、将来、演奏家になって一緒にできたら嬉しいな、そうなるまではがんばって続けたいなぁ」と思うようになりました。あと、海外進出にも興味があります。中国や台湾で公演をしたときに、海外のファンの熱量がすごくて刺激的だったので、その他のアジアや欧米でも演奏してみたいです。先ほどライブに収束していくって話をしましたけど、その点では、国内でもまだまだ行けていない土地が多くて、47都道府県ライブも、いつかしてみたいですね。でも、ずっと家を空けるのも寂しいんで、何ヶ所かやったら一旦帰って…の繰り返しになるとは思いますけど(笑)。