お笑い芸人の小島よしおが16日、横浜スタジアムで開催された横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープ戦で行われたスペシャルイベント『勝祭 2019』のセレモニアルピッチに登場した。

【動画】“DeNAイジり”ネタを披露する小島よしお

 トレードマークの海パンに法被姿で登場した小島は、投球前のパフォーマンスとしてネタを披露。おなじみの音楽に合わせて踊りながら、「先発の井納投手が俺に似ているとネットニュースに流れてた♪ だけどもだけど~、本人それを否定してる」「横浜今は4連敗!でもそんなの関係ねえ!」などの愛ある“DeNAイジり”に会場のファンも爆笑していた。

 法被を脱ぎ捨てマウンドに立つと、真剣な表情を浮かべる小島。サウスポーから放たれた投球は、ワンバウンドで外角へ大きく外れ「へたこいた~」とうなだれるも、笑顔でグラウンドを後にした。

 投球後には「すごく緊張しました。今日の自分の全力は尽くせたと思います(自己採点は)100点です」と満足気な表情。ブルペンでは、上茶谷投手から指導を受け「いろんなアドバイスをいただいて、最後には『かみちゃ』と呼べるくらいに距離が縮まりました」とうれしそうに語っていた。

 今年で7年目となる同イベント。あす17日の試合では、神里和毅選手の登場曲「ダイナミック琉球」を歌手の平川美香が歌唱。18日の試合には俳優の竹内力が来場し、“ハマの番長”こと三浦大輔投手コーチの現役時代の登場曲「リーゼントブルース」の歌唱とスタメン選手登場コールを行う。