斎藤工やデヴィ夫人、辻希美、夏菜、小嶋陽菜など芸能人たちのYouTuberデビューが続いている。これまでも数多くのテレビタレントがYouTube進出を果たしてきたが、成功例はごくわずか。一方、YouTuberのテレビ進出も見られるが、目立っているのはヒカキンぐらいか。同じ動画メディアであるテレビとYouTubeのボーダーレス化は日に日に強まっていくと思われたが、やはりそこには相容れない需要の違いが存在する。その違いとは。

【写真】あざとくてもカワイイ!本田翼の黒レースのバニーガール姿

■所ジョージ・草なぎ剛も苦戦、知名度に比例しない再生回数

 芸能人がYouTubeに進出すると、「芸能人がYouTubeくるな!」と批判が飛ぶのもお約束。それに対し、藤田ニコルはTwitterで、「YouTubeの方もテレビや雑誌でてるからウィンウィンな関係な時代だと思う!」と発言している。

 たしかに8.6秒バズーカーは「ラッスンゴレライ」の動画がブレイクのきっかけとなったし、「PERFECT HUMAN」のライブ動画が話題になると、オリエンタルラジオが『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)への出演を果たすなど、“ウィンウィン”な時代のようにも思える。しかし、「ラッスンゴレライ」がバズったのはすでに4年前。それからYouTubeとテレビの二刀流タレントが続々と出てくると思われたが、その流れはいまだ来ていない。

 所ジョージは6年前からギターの弾き語り動画などを更新しているが、国民的大物タレントにしてチャンネル登録者数は13万程度。元SMAPの草なぎ剛でも、チャンネル登録者数90万を超えてはいるものの、最近の動画は再生回数が10万回を切ることもある。本人も、動画内で「最近、俺がやっていることにみんな慣れちゃってね、視聴回数ちょっと減ってきちゃって」と嘆いている。

 今やテレビ界では安定した人気を誇る博多華丸・大吉でさえ、チャンネル登録者数は5万ほどで、4年前から更新が止まっている。ねづっち、ひょっこりはん、小島よしおなどは再生回数が1万にも満たないこともしばしば。スギちゃんも約1年間更新を続けてきたが、チャンネル登録者数は1万に達せず、5月にひっそりチャンネルを閉鎖していたりする。

 あくまで趣味レベルで動画をアップしている芸能人もいれば、“駆け込み寺”として心機一転をかける芸人もいるだろうが、YouTubeは知名度だけでは勝負できない場であることがうかがえるのだ。

■タレントYouTuber成功の秘訣は“ギャップ”と“リアル”

 一方、先月登録者数100万人を達成した“カジサック”ことキングコング・梶原雄太をはじめ、「クリエイターズ・ファイル」で新たなキャラを定着させたロバート・秋山竜次やキャンプ動画のヒロシ、ゲーム実況のゴー☆ジャスなどは、YouTube進出に見事に成功した例だと言える。

 この4人の動画に共通しているのは、ただただ全力で好きなことをやっている感が伝わってくる点だ。そのせいか、批判の理由にもなりがちな「YouTubeを軽く見ている」といったイメージもなく、さらにテレビでは見られない何かしらの“ギャップ”が垣間見えることも、視聴者の興味につながっているようだ。

 ゲーム実況動画を公開している女優・本田翼は、「今まで遠い存在だった超有名芸能人がゲームしてる姿を気軽に見れるなんていい時代だね」、「本当に好きでゲームやってる感がある」、「芸能人感が全然なくて見てて不快感がない」などのコメントが寄せられ、わずか2回の配信でチャンネル登録数が100万を超えた。

 キングコング・梶原は、トーク動画が多いことから「テレビでもできることをやっている」と揶揄されることもあったが、内容は“地上波テレビでは今やらないであろうこと”をコンセプトとしており、本人も話しているように、ひな壇ありきの今のバラエティ番組の形では自分を活かせず終わってしまっていたところ、YouTubeでは持ち味をきちんと発揮している。

 相方の西野亮廣も、梶原は「大勢のタレントがいる場に放り込んじゃダメなタレント。主役にしてしまえば絶対に面白くなる」と確信していたと語っており、YouTubeでの梶原の面白さを絶賛している。ある意味で、梶原はテレビよりYouTubeのほうが合っていたのかもしれない。

 さらに、総再生回数8000万を超える“ゆうこす”こと元HKT48・菅本裕子は、大事なのは“リアルさ”であり、自身も“素人っぽさ”を意識しているという。YouTubeでは、自宅や家族、すっぴんから恋人までもさらけ出し、動画も自分で編集しては即日公開するといった“リアルさ”に多くの共感が寄せられているが、芸能人の場合はどうしても事務所の制約や広告イメージとの兼ね合いなどあらゆる配慮が求められ、メイク動画でもすっぴんすらさらけ出せない。その中途半端さが、時にYouTubeユーザーの反感を買ってしまうのである。

 “リアルさ”でいっても、梶原はジャージ姿で登場して妻や子どもも公開しているし、本田翼は女優でありながら一切顔を出さずにひたすらゲーム実況をしている点も支持されている。

■テレビとYouTubeは別メディア、そもそも求められる人材が異なるという“壁”

 オリエンタルラジオ・中田敦彦は、YouTubeとテレビを完全に別メディアとして捉えているようだ。自身も歴史を学べる動画で着々とYouTube人気を伸ばしているが、「YouTuberがテレビを席巻することもないだろうし、テレビタレントがYouTuberとしてブレイクすることも、多分厳しい」(『リアルサウンド テック』2019年4月14日付けより)と語っている。

 実際、大食い系人気YouTuber・木下ゆうかは、台本に沿って話さなければいけないことに窮屈さを感じ、テレビへの出演依頼を断っていたことを明かしている。梶原やゴー☆ジャスにしてもテレビ出演も増やしていきたいと話しているものの、実際のところそこまでこだわっておらず、自らYouTube を主軸として舵を切っているようにも見える。

 同じ動画メディアでも、テレビとYouTubeでは求められる人材やコンテンツが乖離しており、今やそれぞれが別フィールドとして確立してしまっているのだ。タレントのカリスマ性や、お決まりのパターンで全体の流れを組んだ“予定調和”を楽しむのがテレビだとすれば、素人感や予想外のハプニングなど、生活感あふれるリアルな絵面も楽しむのがYouTubeだと言えるかもしれない。

■どちらも生半可な覚悟では成功できない高度メディア、求められる本気度

 ウッチャンナンチャン・内村光良にしても、自分がYouTuberになるなら全レギュラーを降りるぐらいの覚悟が必要だと語っている。
 実際、キングコング・梶原はYouTubeを始める前は10カ月間、毎日YouTubeを見て研究し、配信後も分析を続け、睡眠時間は2時間ほどだという。長らく“テレビの人”だった梶原にしてみれば、そこまでしてやっとYouTubeの型やニーズをとらえることができ、自分の持ち味を“YouTubeナイズ”させることに成功したのであろう。

 かつてのブログからInstagram、TwitterなどのSNSを通じて一般層との距離を近づけ、それを仕事にも結びつけることも必要になってきた芸能人たち。しかし、YouTubeもその延長線上にあるにすぎないとナメていると、手痛い失敗をすることもある。また、逆にYouTube自体も配信利益の率が変わるなどして、かつての盛り上がりに比べると下火になってきており、YouTuberにしても結局は「素人っぽさが抜けない」としてテレビ進出も足踏み状態のようである。

 テレビとYouTube、ここにきて双方ともに生半可な覚悟では成功できない高度なメディアであることが、あらためて認識される時代になった。本当の意味での「二刀流タレント」が登場する日は、まだまだ先のことなのかもしれない。