6月に5人体制で第3期が始動したアイドルグループ「BiS」のマナコ・チー・マナコが、活動2ヶ月で早くもグループを脱退することを13日、発表した。

■“破天荒アイドル” BiSのプロフィール

 第3期BiSは今月4日の『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』にサプライズ出演し、活動が本格化したばかりだが、BiSとの方向性の違いを理由に脱退を決意。今後は4人で活動する。

 マナコ・チー・マナコは「短い間になってしまいましたが、今までありがとうございました。嘘はなく、研究員の皆さんには本当に毎日支えられていました。皆さんと関わっている時はとても幸せでした。ライブも特典会もツイッターもすごく楽しかった。研究員の皆さんが本当に大好きです」と研究員と呼ばれるファンに感謝。

 脱退については「続けていくのが困難になってしまってごめんなさい、すごく悔しいです」とだけ言及。「わがままだけど、BiSにマナコ・チー・マナコという人間がいたことを忘れないで欲しいです。今までありがとうございました」とコメントしている。

 BiSはあす14日にデビューフルアルバム『Brand-new idol Society』をリリースするが、3度目のデビュー前日にメンバーが脱退することになった。18日には東京・中野heavy sick ZEROで第3期初のワンマンライブ『THiS is BiS』を行う。