アイドルグループ・乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)の初回仕様限定盤Type-A収録曲で1期生・齋藤飛鳥(21)、2期生・堀未央奈(22)、3期生・山下美月(20)のユニット曲「路面電車の街」のミュージックビデオ(MV)が13日、公開された。

【動画】乃木坂46齋藤飛鳥・堀未央奈・山下美月ユニット曲「路面電車の街」MV

 それぞれの人生を歩んでいる3人が、女子高時代にもう1人の親友だった「ひかり」の記念日に、故郷に集まるストーリー仕立て。「ひかり」と共に過ごしたたくさんの思い出を心に刻み、齋藤が大粒の涙をこぼすラストシーンがMVの全てを物語る。

 撮影は7月中旬、茨城県ひたちなか市で行われた。実際に運行している電車内で風景が良いところを選びながらの撮影となり、待ち時間には電車の揺れに気持ち良くなった堀が居眠りしてしまったエピソードも。監督は乃木坂46では「逃げ水」「あの教室」「ないものねだり」などを手がけてきた映像ディレクター・山岸聖太氏が指揮を執った。

 なお、初回仕様限定盤(CD+Blu-ray)Type-Cの収録曲で、9月1日に東京・明治神宮野球場で行われるツアーファイナルをもってグループを卒業する桜井玲香の最初で最後のソロ曲「時々 思い出してください」のミュージックビデオ(MV)も同時公開された。