12日深夜放送のテレビ朝日の反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(深0:50~1:20)には、とにかく明るい安村が登場。“不倫してすべてを失ってしまった先生”として、“日本国民が不倫を許さない理由”を授業で徹底解説する。

【写真】ブレイクした頃の安村

 過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授する同番組。今回の安村“先生”は、2000年にお笑いコンビとしてデビュー。コンビ解散に伴い、14年から“ピン芸人”として活動をはじめ、15年に“全裸に見えるポーズ”と「安心してください、穿いてますよ」のフレーズで大ブレークした。

 プライベートでは、売れない時代を6年間、支えてくれた女性と12年に結婚、現在6歳の娘を育てる父親でもあったのだが、16年3月、不倫騒動を起こし、『週刊文春』に直撃されてしまう。

 騒動以前は“愛妻家”で“子煩悩なパパ”というイメージが強かったのに、この不倫が原因で、好感度は急降下。世の女性たちに嫌われてしまい、収録済みの番組やCMはお蔵入り。30本以上の仕事がキャンセルになったと明かす。

 騒動直後、妻には土下座で謝罪し、なんとか許してもらったと語る、安村。しかし、騒動から3年が経過する今でも、メディアに出演する仕事はほぼゼロ。つまり当事者である妻が許してくれても、世間はまったく不倫を許してくれないのだ、とこぼす。

 仕事がない安村は暇に飽かして、“日本国民が不倫を許さない理由”を分析し続けたそうで、なんとその結果、ある結論にたどり着いたと激白。今回、その研究成果を授業で発表する。安村がたどり着いた、“世間が不倫を許さない理由”とは何なのか!? さらに、自身が編み出したという、“スケベ心を消す方法”も伝授する。