女優でモデルの新川優愛(25)が11日、都内で行われた『めざましサマーライブ DOBERMAN INFINITY×TOKYO GIRLS COLLECTION~ひまわりドリームステージ~』後に結婚会見を行った。「お相手の方とは、お仕事の現場で出会いまして、9歳年上のロケバスの運転手」と結婚相手は自身が26歳の誕生日を迎えて9歳年上の35歳だと明かした。また、『ロケバスにわざと忘れ物をして相手との会話作りをした』とネット上で噂になっていることについては「ほぼ、あっている」と認め「『忘れ物しちゃったんです~』と声をかけたのですが、実際は忘れ物をしていない。作戦でウソをつきましたね」と照れながら“うそつき婚”と命名した。

【動画】幸せな笑顔を見せ結婚会見を開く新川優愛

 理由について「(会話のきっかけ作りは)どうすることもできなかったので、それ以外の方法が思いつかず…。ただ、その後に『(うそをついて)すみませんでした』と謝罪をして…」と笑いながら、記者から「やることが策士ですよね?」と聞かれると「参考にしていただけたら」と呼びかけた。

 2016年の3年前に相手を意識して、その半年後に交際へ発展。この1年間で結婚を意識するようになったという。新川からアプローチしたそうで「このご時世なので『結婚されていますか?』と聞いて…」と不倫にならないか確認をしたと笑いながら告白。そして、ごく一部の親しい人には交際を報告したと説明した。

 今の芸能界では、フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)と自民党の小泉進次郎衆院議員(38)、俳優の速水もこみち(34)と女優の平山あや(35)と結婚ラッシュ。そして、それぞれ「おもてなし婚」「オリーブオイル婚」とネット上で「◯◯婚」と名付けることが話題となっていることにちなみ、自身で名付けるとしたら「こうやって説明していると、うそばかりついていたんだなと思いました…。うそつき婚ですかね~。オリーブオイル婚とか、うまいこととか言えないですよ」と自虐ネタを展開しながらも、幸せオーラを振りまいた。

 また、婚姻届の提出は「近日中です!」と具体的な時期の名言は避けたが「今年中にしたいですよね。すでに同居はしています」と明かした。

 新川は9日に所属事務所を通じて書面で交際中の一般男性と結婚することを発表。挙式・披露宴については未定で、妊娠はしていないとし、「私事で恐縮ではございますが、ご報告させていただきます。私、新川優愛は、この度、一般の方と結婚することとなりました。お付き合いをしていく中で、彼の人柄に惹かれ、今後の人生を共にしたいと思い、このような運びとなりました」と報告していた。

 新川は1993年12月28日生まれ、埼玉出身。2008年にテレビ朝日系『長男の嫁』で女優デビュー。雑誌『Seventeen』や『non-no』専属モデルとして活躍し、TBS系情報バラエティー『王様のブランチ』ではMCも務めた。