俳優の浜野謙太が10月スタートのフジテレビ系木曜劇場『モトカレマニア』(毎週木曜 後10:00)に出演することがわかった。浜野が演じるのは新木優子演じる主人公の難波ユリカを巡って高良健吾演じる元カレ・マコチこと斉藤真と対峙することとなる山下章生(やました・あきお)。優しくて誠実な“いい人”ハマケンと、女心を惑わす罪な“イケメン”高良という正反対の2人が恋のライバルを熱演する。

新木優子が“イタカワ女子”に 『モトカレマニア』原作イラスト

 同ドラマは瀧波ユカリ氏による現在『Kiss』(講談社)にて連載中のコミックを実写化。元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女の子・ユリカの混乱と暴走と試行錯誤の物語。合言葉は「女だって引きずる!!!」。

 ユリカが働くことになった不動産会社で、ユリカの最初の客としてやってくるのが山下。大手食品メーカーに勤める将来有望なサラリーマンの山下は、食べ歩きが趣味でグルメアプリ“食べモグ”を使っておいしいお店を探し、レビューを投稿するのが楽しみ。優しくて誠実な性格だが、恋愛には奥手。自分が傷つくことも他人を傷つけることも怖いと思っている“ザ・いい人”で、ユリカに好意を持ち、付き合おうと提案するが、あることをこじらせていて…。しかしそのこじらせをきっかけにユリカと意気投合することとなる。

 出演を受け、浜野は「ラブコメを演じるのも見るのもとにかく好きなので、医療ものや刑事もので確実に視聴率を取りにいくこのご時世にとても熱い気持ちになりました。このプロジェクトを全力で支持しています」と企画に賛同。そして「原作の山下、とっても好きなんですが…それ以上にユリカが超好きです! あんな正直にいろんな思いにとらわれて揺れて、逡巡(しゅんじゅん)して、とっても魅力的な女性だと思います。だからこそ物語の選択肢がたくさんあって読んでて振り回されて興奮します」と夢中になったそう。


 今回共演する新木については「無駄がなくサバサバしていてものすごく好印象です。そういう彼女の隙間の表情を目の当たりにできるのが共演者の役得であり役目だと思うので楽しみです」と期待を寄せ、2度目の共演となる高良には「いいヤツ過ぎるのでライバルとして心を許し過ぎないように気をつけようと思います」と警戒心もみせる場面も。

 そんな高良とのライバル役を演じることに「新木さん演じる奔放なユリカや、高良さん演じる憧れのマコチと同じフィールドに上がることはマジか!? という戸惑いばかりですが、ありがたいことにスタッフさんたちもそこに対しての危機感を持っているようで(笑)。共有しているので全てのスタッフさんの力を最大限に借りて山下が強力なライバルになれるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 「ラブコメ…大好きだけど、もうやらせてもらえないのかなと思ってたところに迷い込んできた運命のような話なので全身全霊で山下になろうと思います。ぜひとも自分の分身のような感覚で応援してくださいっ!!」と呼びかけている。

 草ヶ谷大輔プロデューサーは浜野の起用理由について「企画当初から、元カレを引きずる新木さん演じるユリカが新たに出会う男・山下役にはイケメンの元カレ・マコチ演じる高良さんと対極にいる方を置きたいと考えていました。そこで数々の作品で存在感を放ってきた名バイプレーヤーの浜野さんが真っ先に頭に浮かび、お願いさせていただきました」と説明。

 「これまでの作品でイメージするおちゃめでひょうきんな“ハマケン”に加え、今まで見たことのなかった“俳優・浜野謙太”の新たな顔を視聴者の皆さんにお届けしようと、浜野さんご本人と意気込んでおります。“人は見た目か中身か”という永遠の問いをユリカと一緒に悩み、楽しんで頂きたいです。新木さんは“ぶっ飛び女子”、高良さんは“ラブコメ”、そして、浜野さんは“NEWハマケン”と、3人それぞれの新境地にぜひご期待ください!」とコメントを寄せている。