深田恭子の泥棒スーツ姿でも話題の『ルパンの娘』(フジテレビ系)が、コンフィデンス誌のドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」で初回の60PT(100PT満点)から第3話で82PTまで上昇。プライムタイム枠で昨今少なくなった、つきぬけたエンタテインメント性が視聴者から評価されているようだ。

【写真】脚を投げ出し迫力の網タイツ姿を披露する田中みな実

 泥棒一家の娘と警察一家の息子との恋愛を描く異色のラブコメディとなるストーリー、誰もの想像を上をいった深田のスーツ姿の仕上がりなどが好評を博している本作。満足度調査では、深田だけでなく、泥棒一家“Lの一族”を演じる渡部篤郎、小沢真珠、どんぐりにも絶賛の声が寄せられており、視聴者が肩肘張らずに、そのぶっ飛んだおもしろさを存分に楽しんでいる様子が見受けられる。

 そんな本作の8月1日放送の第5話には、網タイツにタイトなボンテージ衣装の女泥棒役として田中みな実が登場。深田との格闘アクションも見どころとなった。第4話の満足度は76PTとなっていたが、来週結果が出る第5話ではさらに高いポイントが期待できるかもしれない。

 この先の飛び道具的なゲストも気になるところだが、放送を重ねていくことでさらなる満足度アップも十分期待できるだろう。引き続き物語の展開に注目していきたい。