闇営業をめぐる一連の問題で吉本興業幹部を批判し去就が注目される極楽とんぼ・加藤浩次が(50)が9日、MCを務める日本テレビ系『スッキリ』に生出演。自身が提案したエージェント契約を同社が導入することを発表したことを受け、先月22日の同番組での“退社発言”を謝罪した。

【写真】加藤浩次の美人妻 キッチンに立つかおりさん

 この日は番組冒頭で前日に吉本東京本部で開催された「経営アドバイザリー委員会」の模様を紹介。委員会から、すべての芸人・タレントの意向やニーズに合わせた契約形態を提案されたことを受けて、共同確認書をすべての芸人・タレントを交わし、従来のマネジメント契約に加えて、専属エージェント契約という形態を導入すると発表した。そのVTR後、改めて思いを吐露した。

 加藤は今回のエージェント制について「僕が思いつきました」と明言。それが導入されたことを受け「僕自身が上層部が変わらなければ辞めると言ってしまいました。いろんな思いがあってエージェント制を提案させていただいて、こういう形になっている。ですから吉本に残る形になってしまった」とコメント。

 続けて「皆さんに僕の発言でいろんな方、迷惑をかけた方、一緒に仕事をしている方にも迷惑をかけたし、視聴者の方にもいろんな意味で心配してくださった方もいますし。加藤浩次言ったことを実行しないのかと思う方もいると思います。そういうご迷惑をおかけした方に謝罪したいと思います。本当にすみませんでした」と頭を下げた。

 加藤は一連の騒動の中で、海外ではメジャーなエージェント制度について、ダウンタウンの松本と浜田雅功、東野幸治、ナインティナインの岡村隆史、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳などと相談し、松本から大崎洋会長に提案されたことを明かした。

 また、自身の退社発言が“加藤の乱”と報じられ、会社側やダウンタウンの松本人志との対立構造を煽るメディアの報道の仕方に疑問を呈した加藤。退社発言の直後から松本と電話で話していたが、ワイドショーだけではなく報道番組でも対立する図式で説明されることについて「改めてマスコミって怖いと思った」と本心を打ち明けた。